八幡 ss 葉山アンチ。 比企谷小町「お兄ちゃんに本気を出させたらどうなるか」

葉山隼人 (はやまはやと)とは【ピクシブ百科事典】

由比ヶ浜は感情論でものを言うから先ず断らない。 これからあなたと一緒に部活動するなんて憂鬱だわ」 八幡「憂鬱結構。 由比ヶ浜結衣さんは3ヶ月の停学処分並びにその間にレポートの提出を義務づけます。 お願いします。 そして由比ヶ浜にも勿論問題があります。 ここテストに出るからな」 小町「そんなに何度も強調されるとなんでだろ。 由比ヶ浜さんを辞めさせるべきでは無いでしょうか? 流石に絶対に成功させるのが不可能の依頼を拒否出来ずにやろうと言う時点でこの部活をしていくのは無理でしょう。

Next

PC生活: ss select>やはり俺の青春ラブコメはまちがっている(八幡メイン-アンチ)

あなたの依頼は『比企谷くん(改 を元の比企谷くん(屑 に戻して欲しい』ということでいいのかしら?」 由比ヶ浜「なんだろ、今変なカッコが見えたような……」ゴシゴシ 75: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 」 「確かにそうね。 48 ID:OAxnOt6oo 八幡「ああ。 友人がいない部員が友人を作る部」 雪乃「下らない部ね」 八幡「そうか? 定義は人それぞれだが人生に友人は必要だと思うぞ」 雪乃「それはどうかしら。 」 「そんな筈は無いさ。

Next

葉山隼人 (はやまはやと)とは【ピクシブ百科事典】

vip2ch. 直接じゃなくても、立ち場と言い方で従わざるを得なかった人間は多数いる。 奉仕部はあくまで手助けをするだけ」 結衣「つまり?」 雪乃「植えた人に魚を与えるか、魚の獲り方を教えるかの違いよ。 すると川崎沙希に抱き締められた。 てか奉仕部って名前おかしくない? 依頼人のサポートをするのに奉仕部っておかしいだろ?」 雪乃「私に言われても困るわ。 そんなことより奉仕部って依頼人のサポートをするんだろ」 雪乃「ええ。 それと俺にはストーカーの才能はない。

Next

八幡「やはり俺が人間を愛しすぎるのはまちがっていない。」

相模に至ってはサボりの原因を作り中止を企てたと疑われられエンディングセレモニーの件で確定されて結局退学処分になったわね。 それより場所が決まったら教えてくれ」 葉山「あ、ああ。 あなたの歪んだ思考に付き合える人がいるなんて」 八幡「そいつは俺以上に歪んでいたからな。 ……なら部室で仕事も出来るかもな。 全22話 完了 作(pixiv) ショートショート 全5話 執筆中 作(HAMELN) 「なぁ三浦。

Next

【相模南SS】八幡「気が付いたら相模を殴っていた件」【俺ガイル・はまち】

優美子には悪いけど隼人君はグループを守りたいんだと思う。 クラスは同じでも俺は接点が無い。 vip2ch. ただ傷ついて苦しんでる姿を見るのは楽しいです」 雪乃「あなた、クズね……」 八幡「初対面でクズ呼ばわりとは酷いだろ。 翌日の放課後になると俺達は職員室に向かうと鶴見先生の案内で応接室に向かった。 由比ヶ浜に押されて雪乃が受ける事になり結局依頼をする事になる。 。

Next

比企谷小町「お兄ちゃんに本気を出させたらどうなるか」

どっかしたの?」 八幡「いや、いないなら良いんだ…」 雪ノ下「あなた女性と関わりがないからって先生にセクハラをするのは辞めなさい」 八幡「あぁ…」 雪ノ下「…もしかして本気?」ササッ 「ひ、ヒッキーダメだよ!」 八幡「いや、うん…いないんなら良いんだ…今日は現国ないしな…」 雪ノ下「あなたどうかしたの?何か今日気持ち悪いわ」 八幡「気持ち悪いって何だ、普通変とかだろ」 雪ノ下「そうね、ごめんなさい。 八幡「朝起きたら先生が横に寝ていた…」 八幡「しかも、裸で」 平塚「…すーすー」スッポンポン 八幡「…」スッポンポン 八幡「…まさかね」 八幡「…帰ろう」サッ 平塚「……どこに行くんだ?」ガシッ 八幡「」 八幡「いや、ちょっとあれっす、家に帰りたいなーなんて」 平塚「…」 八幡「ははは…ダメですか?ダメですねはい…」 平塚「…やはり私みたいな女ではダメか?」 八幡「いやーなんの話しか分からないなーなんて…」 平塚「…うっ」ジワッ 八幡「!?」 八幡「じょ、冗談ですよ」 平塚「そうか…それは良かった」 八幡「えっと…確認したいんですけど」 平塚「何がだ?」 八幡「…なんで裸でいるんでしょうか」 平塚「…女の口から言わせるつもりか八幡…」 八幡 八幡…だと…!? 平塚「きっ、君は羞恥プレイが好きなのか?」 八幡「ちょっ!?そんなわけないでしょ!」 平塚「そうか…それは良かった…旦那がアブノーマルだと大変だからな…」 八幡 やばい…どうしよう… 平塚「で、でもな君が望むなら私は」 八幡「もうやだ…何言ってるかわかんない…」 平塚「…それでな八幡」 八幡「はい…」 平塚「君は生徒で私は教師だ」 八幡「…」 平塚「だからこういう関係はな…」 八幡「はい、そうですよね。 あまり自分から物を言うタイプではないことは確かだ」 雪乃「……あなた、詳しすぎるわ。 苛めが悪化したら責任を取れるのか下手をすれば裁判になり退学は勿論葉山の両親に迷惑を掛ける事になると言って無理矢理葉山隼人に何も行動しないように言ったのです。 また後で!」 比企谷「……なんだったんだ」 68: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 雪ノ下先輩とはどこいったんですか?」 八幡「ああ…緊張のあまりな…サイゼに…」 いろは「まあ、デートでサイゼはどうかと思いますがそんなに失敗でもないですね」 14:俺の青春ラブコメはやはり間違っている。

Next