あいち トリエンナーレ 実行 委員 会。 「あいちトリエンナーレ」、2022年から名称変更へ。仮称「新・国際芸術祭」でイメージ一新狙う(美術手帖)

「あいちトリエンナーレ2019」芸術監督に津田大介氏

。 触れたものがすべて金に代わっていく。 中京テレビNEWS. 皆様のお役に立ちましたら幸いです。 笑いが止まらないよ。 企業メセナを通じてご寄付いただく場合のお手続きについては、をご参照ください。

Next

「あいちトリエンナーレ2019」芸術監督に津田大介氏

行政が行うのは、その津田氏を芸術監督として選ぶということまでだ。 そう、平成13年 、「 」を取り上げた「戦争をどう裁くか」という番組のチーフプロデューサーだった人物という。 韓統連は、在日本民団(民団)の元中心メンバーとし、の韓国民主運動と反「軍部独裁」政権運動を支持・援助する事を目的に達成された。 【関連リンク】. 建畠晢は多摩美術大学の学長で、埼玉県立近代美術館・館長、草間彌生美術館・館長、そして全国美術館会議の会長も兼任。 文化的不寛容の波が世界を覆い尽くそうとしているいまだからこそ、アートやジャーナリズムの力が問われ、求められています。

Next

あいちトリエンナーレ関係・資料一覧

コロナウイルスとトリエンナーレは別問題と言われればそれまでかもしれませんが… 実行委員会も全額ではなくて一部の負担金と言ってることから、訴えた割には譲歩しているようにも思います。 構成員. 長いので要約すると 「(河村市長の行為は) 憲法違反の疑いが極めて濃厚ではないか。 東海行動はキャンペーンに参加する人に作品の費用だけを受けてミニチュア少女像を送ったりもしている。 そうした蓄積のないところに突然思いつきで例外をつくるのだとすれば、それは正しく「表現の自由の冒涜」ということになるだろう。 あいちトリエンナーレ実行委員会で激論[名古屋ナビ] 名古屋ナビ あいちトリエンナーレ実行委員会で激論 あいちトリエンナーレ実行委員会運営会議が、12月26日 木 に愛知芸術文 化センターで開催されました。 同様のことは、名誉毀損や侮辱、あるいはプライバシー侵害についても言える。 しかし注意が必要なのは、そこで国や地方自治体が出している「金」は、当然ながら政府閣僚や地方自治体の首長個人のものではなく、あくまでも公的なものだということだ。

Next

愛知トリエンナーレ実行委員長の大村県知事は何を考えているのでしょう?

実際あの像を見て「日本人を追い出そう」「日本人を入店禁止にしよう」といったことが起きることを想定するのは、あまりに想像力を必要としすぎる話である。 それはそれとして、大村知事に投票した県民の意識はどこにあったかと、大いに反省すべきである。 。 初めて出席した名古屋市の河村たかし市長は「日本人の心を著しく傷つけ大失敗」だと表明し、次回も愛知県との共催を続けるかについては、市の検証結果を踏まえて検討したいと述べました。 ローカルTV局は「中日新聞」が報道しないことは、まったく取り上げませんから高須委員長が大村知事に対し「リコール運動」を始めた事実を知らない人も多いのです。 ですが、コロナ問題でも河村市長が大村知事に掛け合ったりしていて、どうも愛知県と名古屋市がギクシャクしているように見えるのが嫌な感じですね。 (ただし実際にはそれに先立って、開幕前日の7月31日午後にはすでに、らがこの問題にTwitterで言及し、事務局に対する抗議電話も始まっていた。

Next

「あいちトリエンナーレ」、2022年から名称変更へ。仮称「新・国際芸術祭」でイメージ一新狙う(美術手帖)

今回だけでなく、過去のトリエンナーレも恐らく同様のジレンマを持ち続けながらの開催だったのではないかと思います。 しかし現代アートにおいては、そうした定義は当てはまらなくなっているのも事実で、深く追及してゆくと出展作品を仕分けることが困難になってしまいます。 任命責任を追及するのであれば、大村知事自体の責任を追及すべきです。 ところが、出席した河村たかし名古屋市長は「表現の不自 由展・その後で、多くの日本人が傷ついた。 ほかの地域で開催するトリエンナーレのなかには、たとえば廃校になった小学校を改修して展示スペースとして使い続けるというように、一度使った民家や建物を作品ごと会場として残すケースもある。 なぜそうした特徴を持つようになったのか、続けて水野さんに伺った。 市側は当初、支払う行政決定をしていた 表現の不自由展の詳しい内容を知らされていなかったであろう名古屋市側。

Next

「あいちトリエンナーレ」実行委員から不満の声 愛知(中京テレビNEWS)

私が彼を「無能」というのは、根拠がない話ではない。 本来、再開発によりマンションが建設される予定だったのだが、リーマンショックの影響で延期されたため、その間に開催されたあいちトリエンナーレの会場として使うことができたのだという。 ただしそうは言っても、実際に金を出すのは具体的なイベントであり、そこに出品する作家や作品は当然選択しなければならない。 実行委員会(愛知県)の対応がドライというか…コロナ禍で協力していかなければいけない愛知県と名古屋市が対立している場合ではないのですが。 日韓の署名者による個人の発言も収録。 そのためにはおそらく、この展示が予定通り75日間にわたって開催された場合に比べて、ずっと多くの人のかかわりが必要となると思う。 — Earth,Memory and Resurrection 【会場】[名古屋地区]愛知芸術文化センター、名古屋市美術館、長者町会場、納屋橋会場、中央広小路ビル、オアシス21、名古屋テレビ塔、若宮大通公園など[岡崎地区]東岡崎駅会場、康生会場、松本町会場 【芸術監督】五十嵐 太郎 氏(東北大学大学院工学研究科教授〈都市建築学〉) 【参加アーティスト数】122組(34カ国・地域) 【来場者数】626,842人 さて、あいちトリエンナーレには、もう一つ大きな特徴がある。

Next

「あいちトリエンナーレ」実行委員から不満の声 愛知(中京テレビNEWS)

第一条 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。 ・自費で、個別に作品を公表することが自由であれば特定作品を「後述のような理由」から排除することは「検閲」に当たらないか? ・「」の存否が「政治的問題」となっているか? ・そもそもこう主張する根拠は?(そういえば、百田の「日本国紀」も参考文献がないんだけど、この文章も根っこがないね、ここ重要) ・「作品自体が、先鋭な対立関係を背景としたを伴い、その対立関係をより先鋭化させる契機となる可能性を否定でき」ないのか? ちなみに、今回の展示を中止させた「犯人」であるFAX送信者は「少女像の展示が気に入らなかった」と主張し、FAXにも「史実でもねえ人形展示」などと記述していたそうだ。 依頼をいただいた時には思わず二度見しましたが、物事の本質や、その多様な見方を他者に伝えるという意味で、アートとジャーナリズムは共通する部分があると思い、お引き受けすることにいたしました。 第1回目のあいちトリエンナーレが開催される前、すでにボウリング場は閉鎖されており、ビルはマンションのモデルルームなどに使われていた。 河村市長は記事になっている範囲ではお金に言及していないが、、一連の発言も当然そうしたことを前提にしたものだ。 アーキテクトの武藤さんは、それについてこう語る。

Next

「あいちトリエンナーレ2019」芸術監督に津田大介氏

あの自称の、下手くそな文字で、この下手くそな文書。 しかしより実効的な観点から考えた場合、「検閲」は必ずしもこうした事前抑制に限られるものではない。 ) 令和元年8月8日 長・あいち実行委員会会長代行 北区にある「北センター」で「の登録を求める会」の月例勉強会を開きます。 世界各地で行われているが地域によって内容はまったく違い、さまざまな個性がある。 「・・・といった事情から、大村知事に~を求めたものであります」となりますね。 代表者(高須氏)から委任された「受任者」にならないと署名は集められない。 ではたとえば、今回もっとも焦点となった「平和の少女像」は、そうした「表現の自由」の限界にあたるものなのか。

Next