鬼 滅 の 刃 ss ぎ ゆ し の。 【鬼滅の刃SS】鮭大根【ぎゆしの】

#鬼滅の刃 #冨岡義勇 鬼滅の刃SS詰め

【肆】お揃いの髪型にしたかった禰豆子と禰豆子の意図がわからない義勇さん 【伍】義勇さんに一目惚れしちゃった無惨さま 【陸】鬼化義勇さんの猗窩義とそれに絡む童磨さん 【漆】訳あって小さくなった 記憶有り のお館様と義勇さんの産義 耀義? って感じです 笑 御閲覧有り難うございました!. 傷薬の軟膏も柱である義勇が使うことは少ない。 当然だ。 善逸は親しみの意を込めて ? 兄貴と呼んではいる。 しかし、患者の衣類の洗濯、生薬の買い付け、そして蝶屋敷での食べ物の調理は柱として任務に赴くしのぶのかわりにアオイが請け負っている。 気付いたら涙だけが、流れていて、止まらなくなっていた。 鬼として一生の忠誠を誓わせるのも良いが、人のまま飼うのも有りかもしれない。 あぁ、あれを手に入れたらどうしようか。

Next

【鬼滅の刃SS】鮭大根【ぎゆしの】

蝶屋敷の主人は他の誰でもない蟲柱、胡蝶しのぶである。 青い瞳に惹かれた。 もう一つは、駄々をこねる幼い子どもに言い聞かせるように。 随分長い間話をしていたようだ。 義勇が、髪を下ろしてしまったからである。 しのぶはそれに加えて治療や毒の調合も行なっている。

Next

鬼滅の刃~蒸の呼吸~【完結】

と続けられると義勇はバツの悪そうな表情を浮かべる。 「……………そうだな」 「…ふふ、」 「何だ、胡蝶」 たっぷりの間を空けて、そう返すとクスクスという笑い声。 炭治郎は最初、まだ脚の怪我が治っていない善逸を助けて一緒に行こうとしたが。 どうしてしのぶは鮭大根という珍しい料理だけを作るのか。 俺をここに連れてきた張本人。

Next

【鬼滅の刃SS】鮭大根【ぎゆしの】

憧れていたんだ」 「…そうですか」 「ふふ、義勇の手は大きいねぇ」 耀哉の、本当の幼子のようにくすくすと笑う姿は義勇にとって初めて見るものであり、愛らしかった。 「…高いね。 「綺麗だなぁ。 どうやら童磨の頭を吹き飛ばしたのは猗窩座だったらしい。 料理など勉強する暇などない。

Next

#鬼滅の刃 #冨岡義勇 鬼滅の刃SS詰め

一つは愛おしくてたまらないと言うような声音で。 誰だったっけ? それに…鬼狩り、柱。 そのつもりだと思いますし…」 少し不思議そうな顔をしてアオイが応える。 確か、現役の水柱だった筈だ。 この分だと二人ともだいぶよくなっているようだ。

Next

【鬼滅の刃SS】鮭大根【ぎゆしの】

しのぶの方は食べ終わっていたが、義勇の方はまだ鮭大根を残していた。 「ん?あぁ、ただいまカナヲ!」 「炭治郎…あれ?水柱様と一緒じゃないの?」 「あぁ…義勇さんなら、先に…ってどうして義勇さんがいるって思ったんだ?」 「だって、今日は夕飯が鮭大根だから」 「ん?」 ますますわけがわからない。 作れる料理が一つだけでも別段不思議はない。 「………あ、猗窩座」 「すまなかった。 「…ありがとう」 言葉少なに礼を言うと、『胡蝶に会いに行く』と炭治郎に言い残し、義勇はスタスタと歩いていってしまった。 こういうことは、あまりなかったものでね。 「もう少し、二人きりはだめかい?」 小さくなられても、お館様はお館様。

Next