本田宗一郎 名言 英語。 本田宗一郎の名言からの学び。[失敗ばかりの成功法則]

本田宗一郎の人間力の秘密とは?オヤジと呼ばれるホンダ創業者の素顔

失敗して当然の中で、それでも腹が立ってもやり続けようとする事が大事です。 チームワーク、組織仕事の原型ともいえる考え方です。 自身の学生時代に夢だったF1のメカニックを目指す後進を育てたいと考えていたのだ。 本田宗一郎の生涯 1906年(明治39年)11月17日、本田宗一郎は現在の静岡県浜松市天竜区にあった鍛冶屋の長男として生まれる。 高橋書店が毎年実施している「手帳大賞」の受賞作品が発表された。 長い目で見れば人生にはムダがない。 建物は国の(建造物)に登録されている旧役場を改装したものである。

Next

本田宗一郎の名言を胸に。F1に挑む日本人メカニック秘話。

叙勲等 [ ]• 1947年 昭和22年 7月41歳、hondaA2ストロークエンジンを自社生産とした「MODEL A」を発売します。 高等小学校卒業後の1922年に自動車修理工場「アート商会」 後のアート金属工業 に入社 当時の表現では「丁稚奉公」。 宗一郎に限らず、偉大な経営者たちのすべてがそう言います。 -本田 宗一郎- よいアイデアには国境がなく、よい製品には国境がない。 -本田 宗一郎- 不況、不況と言う前に、もう一度自分自身を、あるいは経営者なら会社を「総点検」してみるといい。 不況のときこそ、人の本性が見えるものです。 本田宗一郎の名言 成功者は、例え不運な事態に見舞われても、この試練を乗り越えたら、必ず成功すると考えている。

Next

【本田宗一郎の名言・格言散歩】成功への道を歩むための発想の秘密

『藤沢武夫の研究』 P 236• 「日本人よ、頑張れ! こうしてホンダは世界的なメーカーとして知られるようになり、日本を代表する企業を作り上げます。 また別の著書による社長退任のエピソードとして、エンジンを水冷か空冷かのどちらにするかという論争がホンダの中で巻き起こったころ、若い人は公害規制をクリアする意味で水冷だと主張したのに対し、本田は「砂漠の真ん中でエンストしたときに水なんかあるか!空冷だ」と主張したという。 出典: 本田宗一郎 チャレンジして失敗を恐れるよりも、 何もしないことを恐れろ。 たくさんの苦労や失敗もあったはずですが、持ち前の前向きさで諦めることなく挑戦を続け、やがて大成功を収めます。 -本田 宗一郎- かけがえのない「若さ」も、それを自覚していなければ「豚に真珠」、「猫に小判」で、あってなきに等しい。 そこからの経緯は、今の本田をみれば、一目瞭然です。

Next

本田宗一郎の人間力の秘密とは?オヤジと呼ばれるホンダ創業者の素顔

前進の足踏みだと思う。 ほとんどが失敗であって、成功している人たちの多くは、その何倍もの失敗を経て今に至っているのです。 終戦直後は何も事業をせず、土地や株を売却した資金で合成酒を作ったり、製塩機を作って海水からを作りと交換したりして「遊んで」いたという。 で、なんだ話ってのは? 本社ビルを建設するときの名言 万が一地震が起こったときに、 割れたガラスが歩道を歩く人に 降りかからないようにしなさい。 お前さんと二人でもらったんだ。

Next

失敗より何もしないことを恐れろ――本田宗一郎・ホンダ

失敗のない人なんて本当に気の毒に思う。 つまり、効率やコストを優先した裏返しとして、安全がおのずから軽視されていくということだ。 本田宗一郎は、非常に個性豊かで、そして魅力的な人であり、多くの人の心を引き付けてきました。 会社も人生も「理念」がなければ、やりたい理由に繋がりません。 成功は99パーセントの失敗に支えられた1パーセントだ 成功はチャレンジの結果で、数多く失敗したことが一つの成功を支えている• 出典: 本田宗一郎 失敗もせず問題を解決した人と、 十回失敗した人の時間が同じなら、十回失敗した人をとる。 失敗は「諦める」という動詞の先にあるもので、諦めなければ失敗はない。 技術はあくまでも末端のことであり、思想こそが技術を生む母体だ。

Next

本田宗一郎

本田宗一郎の名言や格言から、これから会社を大きく成長させていくヒントや、個人レベルでもより人生を豊かに歩むためのヒントが学べるかと思います。 It is the worst human being to fear anything and do nothing. 新木崇弘だ。 研究所所長は続けた。 に関して、「高校生から教育の名のもとにバイクを取り上げるのではなく、バイクに乗る際のルールや危険性を十分に教えていくのが学校教育ではないのか」と発言し、終始批判的なスタンスを取り続けた。 課長、部長、包丁、盲腸と同じだ。 一度「何のためにやろうと思ったんだろう?」と、原点を考えてみると、自ずと答えは見えてくるかもしれませんね。

Next