スロウス ハガレン。 スロウス

鋼の錬金術師って一時期凄い流行ったよな:MAG速

金髪・金の瞳を持ち、特徴的な顎鬚をたくわえた大柄な男。 名無しさん• 特に「ヨキサーカス」は、最終話にてハインケル、ダリウスと共に実際に結成したらしい描写がある。 そして物語の冒頭から、敵役として登場していた彼女ですが、最も早くに死んでしまったホムンクルスでもあります。 物語序盤では、駅のホームにモブキャラで登場していることが確認できる。 体格の良い青年風の男。 つなぎはミニマムに、肉感を強調し、焼き加減にも細心の注意を払いながら肉汁たっぷりに仕上げます。

Next

鋼の錬金術師の主要な登場人物

作中中盤から後半にかけて広く登場するが、履物はいつも便所サンダル。 ホムンクルスの中では一番の巨体(真の姿のエンヴィーを除く)。 しかし、デビルズネスト掃討戦で正体が判明すると、あくまでホムンクルス一派として、エドワードやマスタングらを操作しようとしていたことが明らかとなる。 その核は、多くの人間の命を引き換えに作り出された賢者の石。 その後、グリードの体内の賢者の石を欲した「お父様」に取り込まれようとした時に、わざとリンから分離して彼を守ると共に(その際に前述の「嘘をつかない」という信条を破る)、炭素結合度を脆い炭に変えるという方法で「お父様」を窮地に追い詰める。 普段は自身が表に出ているが、ブラッドレイと違って依然リンの意識も存在しており、必要に応じてリンの意識が表に登場するなど、共存しているような関係にある。

Next

スロウス

弟アレックスに対しては軟弱者として非常に嫌っている。 しかし、完全に意識を消滅させることのなかったリンと同じ体を所有する者同士、リンとグリードは共闘していくのです。 少年のような出で立ちですが、下半身は女性のようにすらっとしており、性別はわかりません。 国土錬成陣のトンネルを掘る役割を与えられており、少なくとも100年以上ずっと掘り続けていた(ラストは怠けていたから時間が掛かったと述べている)。 吸収されながらも、お父様に一矢報いようとする彼の最後に、胸を打たれた読者も多いはず。

Next

鋼の錬金術師のエドって弱い言われてるけど割と強くね?(画像あり)

4番目に造られ、左脚の太股にウロボロスの紋章を持つ。 しかし、グラトニーの暴走でエドワードと共に飲み込まれてから、紆余曲折の後、ホムンクルス達のアジトに乗り込むこととなる。 トンネルがつながった後はの近くで眠る。 ネーミングセンスは皆無。 マスタングのセントラル異動後は、先述のようにマスタングとエルリック兄弟の伝令役などを行っている。 出典:『鋼の錬金術師』19巻 ホムンクルスは、主人公エドワードとアルフォンスのエルリック兄弟にとっての敵として登場します。

Next

鋼の錬金術師強さ議論: ニッコリン

死闘の末、これを制して「逆転の錬成陣」を発動させるとそのまま倒れる。 そして、自身を「賢者の石」として侵入してきたエドワードに、手の平サイズの胎児のような本体を引き出され敗北する。 そのため、エドワードとの戦いで彼の身体を乗っ取ろうとするが体内にいたキンブリーに邪魔をされる。 腕の鎖も地下室を破壊しないように「お父様」が用意したもの。 なんでこんなに売れたかって、ハガレンは総合的に秀逸な個所が多かったのが一番の要因だと感じた。

Next

スロウス

回復後、ブリッグズ砦に部下とレイヴンを連れて現れ、そこでエルリック兄弟と「傷の男」捜索という名目で一時的に協力するがその後、敵対しエドワードと交戦し重傷を負わせる。 人間を「虫けら」「ゴミ虫」と呼び、彼らが争う様子や、死ぬ間際に見せる絶望の表情が好きという一面を持っています。 エルリック兄弟の幼馴染み。 。 暗闇でもホムンクルスの気配を察知できるリンとランファンに手も足も出ないまま追い詰められ、劣勢を打開するためにグラトニーの嗅覚を欲したプライドに取り込まれ、死んだラストに助けを求めながら消滅した。 第三研究所の戦いでは持ち前の記憶力よりナンバー66の尋問を担当したことがきっかけで、彼を見張る役目を担う。 最後の戦いの後、マスタングの下を訪れ、自らが持つ「賢者の石」で眼を治療する代わりに、イシュヴァール復興に力を注ぐこと、また自分がそこで医者として暮らせることの取引を申し出て受領される。

Next