テリーヌ。 お取り寄せテリーヌのおすすめ人気ランキング7選

テリーヌとは一体どんな食べ物?パテやリエットの違いと一緒にご紹介♪

色どり野菜と海老のゼリー寄せは、野菜のテリーヌらしくコンソメジュレで固められた中にエビとトリュフが入って、風味豊かな一品に仕上がっていますよ。 ダイニングバーや肉バルなどでは「レバーパテ」というメニューで、ココット皿にレパーペーストを詰めたものを提供していることもあり、パテの概念は実際のところ、四角く焼き上げたものとペースト状、ふた通りあるようですよ。 世界3大珍味と呼ばれる高級食材がありますが、フォアグラとトリュフはそのうちの2つ。 もともと〈h. とろりとした濃厚なフォアグラのテリーヌの中に、香り高く風味の豊かな黒いトリュフが埋め込まれています。 豚肉とピスタチオのテリーヌは、低温でじくりジューシーに仕上げ、肉が落ち着くまで十分置いたもの。

Next

手土産にしっとり濃厚「テリーヌ」を。東京都内&お取り寄せできる絶品テリーヌ5選

お支払い方法は下記の通りです。 ただ、「リエット」の定義も変わってきており、ペースト状になった「練り物」全般を「リエット」と呼び、煮てつくるもの以外を指す場合もあります。 元々は中世ヨーロッパで保存食として作られたテリーヌ。 お気に入りの一品を見つけてオシャレな食事を楽しんでくださいね! テリーヌでよく使われる材料は、肉・魚・野菜の3種類です。 容量は80gと切り分け済みの1枚分なので、一度の食事で食べきれるでしょう。 「ずっしりした見た目と裏腹に、味は王道で見事なバランス」(前田紀至子さん)。

Next

手土産にしっとり濃厚「テリーヌ」を。東京都内&お取り寄せできる絶品テリーヌ5選

冬の食糧不足の時期に、余った肉や野菜、魚介の切れはしなどを具材として容器にいれ、焼き上げたのが始まりです。 「パテ」の語源は「パイ生地」を意味するフランス語「パートゥ」で、本来細かくした肉や魚を豚油とパイ生地で包んで焼いたもの。 味付けはシンプルに塩のみなので、付属のサフランクリームソースをかけてもよし、塩やコショウを少しだけ付けて野菜の甘味を堪能するもよし、とさまざまな食べ方が楽しめます。 細かくミンチされたテリーヌはパンやクラッカーに乗せていただくと合いますし、粒の大きな肉や魚が入ったテリーヌを選べば食感まで楽しむことができます。 ちょっと豪華なテリーヌに挑戦してみるなら、こちらのフォアグラとトリュフを使ったテリーヌはいかがでしょうか。

Next

「パテ」「リエット」「テリーヌ」の違い

テリーヌとよく似たフランス料理、パテは一体テリーヌとはどう違うのでしょうか。 本来はテリーヌ型に入れたまま提供するものだったようで、現在でもフランスのテリーヌ発祥のお店では型に入れたまま豪快に提供されています。 使用する脂や肉から出たゼラチン質が具材の変質を防ぎ、1週間ほどは保存がきくことから、フランスの家庭で作られてきました。 10数種類以上の野菜をそれぞれの野菜に合った方法で調理した後、テリーヌ型からはみ出るほど野菜を詰めます。 「リエット」は 豚やガチョウなどの肉を、脂肪のなかで簡単にほぐれるまでゆっくりと「煮て」つぶし、脂肪分がペースト状になるまで冷やす、というのが本来のつくり方。

Next

「パテ」「リエット」「テリーヌ」の違い

パテは本来パイ生地でミンチ肉や野菜などを包み、焼き上げたもの。 ご家庭で作るには難しく、かなり骨が折れるものですが、お取り寄せなら「レザンファン ギャテ」のような有名店のものや高級食材を使っているものなどが簡単に手に入るのが嬉しいところ。 フランス料理としてはレバーやミンチ肉、フォアグラ、野菜や魚介など、いろんな具材で作られます。 中世ヨーロッパの頃から肉・魚・野菜などの食材をできるだけ長く楽しむための保存技術として発展してきた歴史があり、伝統的なテリーヌはテリーヌ型に脂を大量に敷き、そこに食材を詰めて焼きあげ、冷たい状態で食べられます。 豚肉のペーストのことだったんですね。

Next

「パテ」「リエット」「テリーヌ」の違い

さまざまな具材が入ったテリーヌの断面はまさに「萌え断」ですね。 原材料 「田舎風テリーヌフォアグラ入り」豚肉・鶏レバー・鴨フォアグラ・オニオンソテー・卵・ハチミツ・牛乳・豚背脂・白ワイン・食塩・胡椒・パプリカ・砂糖・乳糖・ブランデー・乾燥パセリ・保存料(ソルビン酸K)・リン酸塩(Na)・酸化防止剤(V. 最近では豚肉の他鶏肉や魚介など、さまざまな食材でリエットが作られるようになったため、リエットは肉や魚をオイルで煮込み、冷やしてペースト状にしたものの総称になっているようです。 いずれも塩気が多いので、バゲットにサッと塗っていただきます。 伝統的な作り方は豚肉を細かく切り、ラードを塩とともに弱火でじっくり煮込みます。 容量がたっぷり入っていて、3種類それぞれ断面も美しいのでパーティにぴったり。

Next

手土産にしっとり濃厚「テリーヌ」を。東京都内&お取り寄せできる絶品テリーヌ5選

新しいものへのアンテナは人一倍敏感でインスタやブログも人気。 豚肉のリエットは「ポーク・リエット」としてメニューに載っていることも多いようですよ。 現在ではフランスのビストロではもちろん、お惣菜屋さんには必ずあるテリーヌ。 見た目も美しい鶏とケッパーの大理石仕立ては、マリネした鶏肉をゼリー寄せにした、さっぱりとした味わい。 リエットもテリーヌやパテ同様の保存食。

Next