基づく 類語。 基づく(もとづく)の類語・言い換え

「鑑みる」の意味と使い方例文4つ|「考慮する」との違いとは

「依拠する」という動詞として使う場合は、基づくという意味を変換し、「基礎とする」を意味する「base」や「信頼する」を意味する「rely」を利用するとよいでしょう。 私を食べれば天帝の意に背くことになります。 「念頭に置く」は「考えに入れる。 「識見」も類語のひとつ 「見識」の類語では、「識見(しきけん・しっけん)」も挙げられます。 『論語・学而』に「朋有り遠方より来たる、 亦 ( ま )た楽しからずや」とある。

Next

「準拠する」の意味と使い方・類語・「基づく」との違い

同意語: 「遠慮なければ 近憂 ( きんゆう )あり」 遠きに行くに必ず邇きよりす (とおきにゆくにかならずちかきよりす) 遠い場所へ行くには、まず近いところから歩き始める。 「It was made on the basis of judicial precedents. 」 規格や法律における使用を含め、「準拠する」の使用例は幅広い分野で見られます。 じゅんきょ【準拠】 ( 名 ) スル ある事をよりどころとして、それにしたがうこと。 後漢の馬援が甥を戒めて「 杜李良 ( ときりょう )は 豪侠 ( ごうきょう )な人物だが、この正義の士を見習ったところで、失敗すれば天下の軽薄児となってしまうからやめた方がいい。 」や「本契約は日本法に準拠し、同法によって解釈されるものとする。

Next

《故事・ことわざ・四字熟語》 辞典・「と」

「Weblioシソーラス」について 「Weblioシソーラス」は、検索キーワードの同義語や別名を自動的に表示させるシソーラス辞書です。 「無調法」と漢字表記する場合もあります。 臧 ( ぞう )と 穀 ( こく )という二人の下男が羊の番をしていたが、臧は読書に、穀は 博打 ( ばくち )に夢中になって羊を逃がしてしまった。 「準拠する」は、「~に準拠する」という表現が一般的です。 「見解」は人によって異なるものですが、「見識」は知識に基づくためゆるぎないのが特徴です。 同意語: 「蟷螂が斧をもって隆車に向かう」、「蟷螂車轍に当たる」 類語: 「」 遠い親戚より近くの他人 (とおいしんせきよりちかくのたにん) いざというときは、遠く離れて疎遠になった親類より近くに住む他人の方が頼りになるということ。

Next

Weblioヘルプ

「不調法」は、「調法」という名詞を否定する接頭語「不」を頭に冠した形です。 そのご老人の忠言「を念頭に置いて」、対策を立てよう ・亀の甲より年の劫。 「参考にする」と「鑑みる」を置き換えた例文で比較してみましょう。 類語: 「」 遠くて近きは男女の仲 (とおくてちかきはだんじょのなか) かけ離れているように見えても、男女の仲は意外に結ばれやすいということ。 物事を行うには一足飛びではうまくいかない。

Next

基づく(もの意味や使い方 Weblio辞書

同意語: 「図南の 鵬翼 ( ほうよく )」 駑馬十駕 (どばじゅうが) 才能の乏しい人も努力をすれば賢者と肩を並べることができるということ。 「鑑みる」という言葉をご存知でしょうか。 また、危険を除かないで、災いの種を残すことを言う。 類語: 「」、「」 年寄りの冷や水 (としよりのひやみず) 老人が自分にふさわしくない危険なことや、差し出がましい振る舞いなどをすること。 ・時代が進化していくにつれて、飽和状態になる職業もいくつかあるだろう。

Next

「依拠」の意味と使い方!類語との違いや著作権についても解説

不作法• 例文 ・亀の甲より年の劫。 周囲の人を納得させるような意見・結論を導き出すのが「見識」です。 依拠と準拠の違いは、依拠よりも準拠の方が、よりどころとしたものに従っていることです。 そのため、「準拠する」の意味や使い方を知っておくと、ビジネスシーンで大いに役立てることができます。 「不調法」はこのように、やや古めかしい、文章語的な響きがある言葉だといえます。 『論語・陽貨』に「道に聴きて 塗 ( みち )に説くは、徳をこれ棄つるなり」とあるのに基づく。

Next