キングダム 兵糧 中身。 キングダム638話ネタバレ!王翦の昌平君への依頼は斉から兵糧!李牧と舜水樹の読み違え!|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

【キングダム】637話ネタバレ

趙への進軍から、三軍がそれぞれの戦場に別れたこと、松左や去亥を失ったこと、信が龐煖を討ち取ったことなど、これまでのことを思い出す信や河了貂。 王セン自身が強敵だ…と誤魔化してますが、その時はまさに感陽にいて、斉との密約、補給の可能性考慮しない李牧ボンクラ過ぎやしませんかね?笑 私には終始王センの掌の上で李牧が踊らされてるようにしか見えません。 私の予想では、王翦の策により次のように郭開から悼襄王へ讒言させる、です。 逆に舜水樹ら趙軍は今回の秦の侵攻作戦そのものが瓦解したと見做しましたが、邯鄲に護送される途中の 李牧は 王翦に残された唯一の策に気付き焦りを隠せません でした。 驚くのも無理はないでしょう。 秦の持つ水軍のほぼ全軍が壊滅したという事実に文官たちが絶句する中、昌平君(しょうへいくん)は出陣前の王翦(おうせん)との会話を思い出していた。 今のところ一日分の配給といっても、キングダム内で意味される配給としては、一日一食での配分ということなのでしょうか? 二週間にわたって河了貂が何とかしようと頭を抱えていますが、考えるほど、軍略でどうにかできる状況ではないコトが明確になってきます。

Next

キングダムネタバレ最新話637話『ほくそ笑む介億の策とは?!』

「鄴」陥落の報せは直ぐに嬴政たちに伝えられ、戦況を固唾をのんで見守っていた昌文君や蒙毅たちは喜びを分かち合います。 スポンサーリンク 青忠水軍を待っていた敵 原泰久『キングダム』637話より引用 空っぽの俵を見つめる舜水樹。 果たして本当にそうかな!? キングダム638話ネタバレ確定「餓死寸前の鄴の兵たちは…」 一方、鄴の城内では飢えてしゃべる元気もなく横たわる兵たちの姿が。 貯えを探しましたが、予想以上に食糧は残っていませんでした。 奪い取ったとはいえ、王翦軍がいる場所は敵地のど真ん中。

Next

キングダム637話ネタバレ考察感想あらすじ!黄河を渡る秦軍の補給部隊!無事に補給物資は届くのか

しかも閼与を落としても李牧は残ってしまう。 (笑) 自分も、これからの王翦の描かれ方には注視します。 アッサリし過ぎです今回のジャンプ!!笑 あーーんな簡単に鄴を取られるとは趙季泊にはガッカリです。 となると、昌平君から呂不韋に話がいき、呂不韋から郭開に連絡がとれることになります。 「いかにも」 「今ですか?」 「今すぐです」 「断る……と言ったら?」 そのやりとりを聞いていたカイネが剣を抜こうとしたその時、騎士団の刃がカイネたちに向けられる。

Next

【キングダムネタバレ637話】黄河を利用し兵糧を鄴へ届けられるのか?|ワンピースネタバレ漫画考察

アホですが、騰と戦って斬り負けしないほどの武力の持ち主です。 その一方で遼陽と閼与に大きな軍隊がいることは出陣前から把握していた可能性もあるので、列尾ルートが使えない場合のオプションとして閼与ルートがもともとあったとみることもできるかもしれませんし、桓騎もそこまでよめているふしがあります。 4 […]. 2隊の覚醒するキングダム、ここからの流れとキングダム579話以降の変化を分析します。 それを断る場合は、側近達を皆殺しにして無理矢理でも連行するとも宣言。 兵糧を取られたら意味がありません。

Next

キングダムネタバレ最新637話確定【食料が列尾を超える】

李牧を切り刻むほどの処罰はこの段階ではできないだろうと思います。 でま他にスイッチ思いつかないんですよね。 (笑) で、まあ確かに、そこでせめて一ひねりでもないと確かに不満ですよね。 元々李牧は、趙の北方の守備を任された人物で、匈奴(きょうど)という異民族から趙を守るために「雁門(がんもん)」という土地に赴任していた長官でした。 理由としては2点。

Next

キングダムネタバレ636話最新確定!王翦の意外な兵糧解決策とは?

原泰久『キングダム』637話より引用 うなだれるように横たわる兵士達の姿がありました。 そして、原先生が閼与攻めを捨てる予想筋もあり得る点についても論及します。 趙軍の船はそのまま秦軍の横へ。 将棋やチェスの王のような感じですかね。 秦軍の船を両側から挟み、逃げられない状況で矢や槍で攻撃を繰り返します。 扈輒が言う「奴」とは舜水樹のことだったのです。 舜水樹は介億の運んでいた荷物が空であったため、黄河から運んでいることを察します。

Next

キングダム637話ネタバレ李牧逮捕!「鄴の命」レビュー考察

春申君の死後、李園と共に宰相の座に就いています。 王の命令は絶対。 「攻め滅ぼされた国」「文化も暮らしも蹂躙された国」「土地も支配権も強奪された国」の人々が「許せない」という気持ちになることは自然なことであり理屈では割り切れないことなので秦王政と斉王建の二人に対する後世の人がする歴史上の評価はネガティブなものになるのも自然なことなのでしょうけどね。 温泉で泳いだり、王騎のモノマネをしたり、死んでいない録嗚未の名を呼んだり、お笑い芸人のボケみたいな感じです。 尾平も倒れて死にそうでしたが、信のもとに走っていきました! しかし、後続軍も食糧が無いことを知り、軍馬はすでに全部肉にして食べしまったとのことです。 李牧の作戦によって、完全に包囲されており、橑陽から鄴への道は閉ざされています。 太行山脈より西側は、趙の城塞による防衛網が張り巡らされているわけで、そもそもそこに兵站を敷けるならわざわざ列尾を超えて王都圏で孤立する必要はなかったはず。

Next