ディープ ステート と は。 ユダヤ陰謀論の正体!ディープステートが世界の支配者?日本占領プランの正体!

ディープステートとは|陰謀論では済まされない|ユダヤ金融資本

さらにバージル氏は次のように語る: その通り。 どうやったら武装できるかとか言っているのだから、銃に関してはおかしな国だなと思いますよ。 そのような陰謀論者は米国人口の一握りであると信じたいが、複数のデーターは意外に多いことを示唆している。 自分ではこれは陰謀かな? という事があってもですね、それを口にしないでいます。 事実が伝えられ、それが国民の議論を経て、正しいという方向に進んでいるわけですから。 トランプ政権はこれらの数百人の反トランプの人々を政権入りさせない。 鬼畜ユダヤに負けたんだよ。

Next

【ディープステート】ビル・ゲイツ氏、「中国ウイルス」と呼ぶべきでない—中国メディア

地球上で唯一の主権国家です。 トランプ大統領の批判記事を掲載したニューヨークタイムズ紙(6日・ネット版) 政権内からの告発ということで衝撃は大きく、ホワイトハウスで犯人探しが行われていると伝えられていたが、ムーア氏は大統領が仕組んだ謀略ではないかとこう言った。 騙された振りをしてずっとね。 日本の場合は上級国民は朝鮮人だ。 みんなが移民になれば、みんな平等。

Next

ディープステート

この件を見直してみて分かったことは、FBIの捜査そのものが合法的ではなかったことなのです。 (略) 今あれでしょ?河添さん詳しいけど、一帯一路が失敗したでしょ?あのやり方を見ていたらさすがにね、ディープステートも自分たちと目指している方向が違うと、そんなことはさせないという事を改めて感じたんだと思いますね。 フリン自身は、ロシア大使と接触したことについて、FIBから、そこを突っ込まれたので、ペンス副大統領に報告しました。 ディープステートの悪魔的な支配は、神と自然に対するルシファー革命に基づいて、新世界秩序を確立することを目的とした非常によく組織された長期的な陰謀の結果です。 フリンの嘘の明確な証拠がなかった そして、FBIは、フリンの嘘の明確な証拠がなかったことをFBIが認めているらしいのです。 っていう人も多いと思うので調べてみると「裏の政府」というものがネットでは出てきます。

Next

やはりあった政権転覆をはかるディープステート集団 NYタイムズ紙匿名投稿記事が暴露

国家安全保障問題担当大統領補佐官は、少し前まで、ジョン・ボルトン氏が任命されていました。 国にとってとても有害だ。 僕は、「ありがとうございます。 これもディープステートの一員なの。 統治なんか関係無いから、あれだけ時間がもつ人はそれなりに立派だと思う。

Next

ディープステートとは|陰謀論では済まされない|ユダヤ金融資本

では表向きに動いているのがこのブルーブラッドに従うのがビジネスクラス。 大統領補佐官解任の理由 その頃まで、このフリン氏は民主党の支持者でした。 だけど僕がアメリカに行ったときにはFOXニュースがやっていました。 コルシは今年3月出版された著作 Killing the Deep State: The Fight to Save President Trumpの中で、共和党16人の立候補者とヒラリー. ケネディ大統領はディープステートに従わなかったから暗殺されたとか、都市伝説めいた話があります。 世のため人のために頑張りたいという人は愛の方に偏っていて、十分な稼ぎがなく貧しいかもしれません。 民主主義なんか、どうせ機能しない。

Next

ディープ.ステイトとは何か?

というのも、国防総省はトランプの指揮の下でデープステーツの裏切り者の軍事的逮捕を実行することに同意しました。 それは全て獲物の臭跡です。 「ディープステート」が暗躍? しかし、それはホワイトハウス内に大統領に従わない勢力があることを告白したことに他ならない。 そこから発覚した事は、ディープステートの恐ろしい手口でした。 この時点でロシア大使と会談をしました。 報道の自由が無いと。 私に言わせればね。

Next

ディープ.ステイトとは何か?

しかも、大事な事を書かない、という人が一杯いるか、ですよ。 なぜか。 000 メートル下にあり、セルン CERN 複合施設へのエントリの 1 つがあります。 その理由は、新情報によって、ウィリアム・バー司法長官が、この件を見直すように指示しました。 これが違法だとアメリカでは、全員が認識していました。

Next

【ディープステート】ビル・ゲイツ氏、「中国ウイルス」と呼ぶべきでない—中国メディア

トランプ氏の支持者である保守派層も盛んにこの言葉を使い、トランプ氏がディープステートの標的になっていると主張する。 従ってアメリカが借金をするとFRBを牛耳っているユダヤ金融資本に莫大な金が入るようになっている(これは単純化した話で、ほんとはもっと複雑だが。 嘘の報告をしたことについて認めています。 主な研究テーマは、欧米企業・金融史、主な著書に「ジャパン・ハンドラーズ」「世界を動かす人脈」「プロパガンダ教本:こんなにチョろい大衆の騙し方」などがある。 その人達の思う様に、世界がコントロールされている。 「リチャード・グレネルが8週間で行ったことを見てみると、この人々は2年半の間何もしていなかったということだ。 といっても、ネットをうまくコントロールできないので苦労しているみたいですね。

Next