地震前兆 百瀬。 南海トラフ巨大地震はいつ起きるか?|百瀬直也:地震前兆・超常現象研究家/ライター/ブロガー|note

【警告】「メガマウス出現と地震発生は無関係」NHK報道に疑問! 過去データで完全反証、深海ザメの予知能力をナメるな!(2018年7月12日)|BIGLOBEニュース

さらに、ネット上では、「空振」ではないかという声も多いが、空振とは、通常火山の爆発的噴火に伴う急激な気圧変化で起きるもので、今回は、対応する噴火はどこにも起きていない。 メガマウス上がるのは大地震くる前兆みたいです」という内容に、メガマウスの写真が添付されたものだ。 だが、地元民の男性によると、オスプレイは確かに独特の振動を起こして飛行するが、それとは明らかに違っていたとのことだ。 「生物のことは物理でわからぬ」という経典的信条のため、こういう研究がいつも異端視されるのは誠に遺憾なことである。 そして、今回の揺れはオスプレイの飛行による「共振現象」ではないかと疑う声も上がっている。

Next

南海トラフ巨大地震はいつ起きるか?|百瀬直也:地震前兆・超常現象研究家/ライター/ブロガー|note

2)では、政府による避難勧告により、 10万人もの命が救われた。 ==== 無料購読エリアここまで ====. 18年後にはM8規模の仁和(にんな地震が起きているが、これは東海・東南海・南海の3連動型地震だった可能性が高いという。 動物たちは確かに電磁波を感じているらしいのだ。 …というか、そういうものが多い。 3だったとされる。 中国では、動物園で飼育員たちが亀・イグアナなど7種類の動物の異常行動を日々チェックしている。 モグラの歩いた後がそこら中にあった。

Next

南海トラフ巨大地震はいつ起きるか?|百瀬直也:地震前兆・超常現象研究家/ライター/ブロガー|note

また、今年2月に、箱根で震度5の地震があり、ロープウェイが止まったが、気象庁の地震計が記録しないほどの超局地的な地震だった。 家畜化されて野生の本能を失っている部分もあるだろうが、あわせて日本で2,500万匹も飼われているイヌとネコを地震予知に役立てない手はない。 ケージに内蔵された回し車のカウンター値を毎朝チェックして検証し、Web上で結果を公開している。 地球の上空の電離圏に存在する電子の数が、東日本大震災など巨大地震の前に増大していた。 故 池谷元伺教授は、動物の異常行動が地震前兆につながる明確な再現性を見いだせないことだけが問題ではなく、前兆現象が科学的に認められてしまうと、研究費が自分たちから生物学者へ流れてしまうのだと、米国で人から聞かされたという。 収めた記事は、無料版と有料版を含んでいる。 沖縄では大きな地震がないと思っている人が多いが、実際は歴史を通じて多く起きている。

Next

南海トラフ巨大地震はいつ起きるか?|百瀬直也:地震前兆・超常現象研究家/ライター/ブロガー|note

今後メガマウスが目撃された時、人々が「地震とは関係ない」と油断した結果、実際に巨大地震が起きて被害が拡大するような事態を招けば、これは取り返しがつかない悲劇だ。 風もないので原因が知りたい」と心配気に語る。 たとえば、エルニーニョ現象・ラニーニャ現象と日本付近の地震の関係。 5)では、1万2,000人もの死者が出た。 また東日本大震災の発生前を考えてみると、1月19日に神奈川県小田原市沖でリュウグウノツカイ、1月27日に静岡県下田市白浜沖でギンザメ、3月4日に茨城県鹿嶋市の海岸でクジラ52頭座礁、3月8日には静岡県沼津市沖でラブカ捕獲まで確認されている。 故池谷教授の著書 『地震の前、なぜ動物は騒ぐのか』と 『大地震の前兆 こんな現象が危ない』は、私の人生を大きく動かした非常に重要な本となったものだ。

Next

西日本にも大地震の恐れ! 沖縄の“謎の揺れ”は地震の前触れか!?

科学の世界がこういう状況なので、われわれ民間人がやらなければならないのが現状だ。 貞観11年に、陸奥国東方沖の海底を震源域として発生し、規模は少なくともマグニチュード8. 動物の異常行動に関しては、報告にあまりにもフィクション的な内容も混じっているので、当初は半信半疑だったという。 つまり、この季節の発見は比較的多いのです。 飼い犬が怖がって飼い主のそばを離れなかった。 そして、熊本県をはじめとして大きな被害が出た「令和2年7月豪雨」が起きてしまった。 この電子の総数(TEC)の値は研究機関で公開されていて、民間で地震予知に利用する人も多い。

Next

地震前兆百科~はじめに|百瀬直也:地震前兆・超常現象研究家/ライター/ブロガー|note

今回は、神による予言や人間による水害の予測・予知夢・予言が現実になった例と、これから現実になるかもしれない件を紹介する。 そして、われわれ人間では、もっと本能的な要素が消え去ってしまっている。 イヌやネコは、震度5以上の地震にしか反応せず、地震発生の3~4時間前に反応するという。 地震の前触れとして、地中で起きた岩石破壊によって発生した電磁波を検知し、方向感覚を狂わされた結果の異常行動ではないかと考えられる。 だから、このノートで公開するような情報がいま必要なのだ。 【図】発生が懸念される主な大規模地震(内閣府) 動物は、本能的に危険を未然に察知して回避行動を取る。 第2の故郷と思っていたインドネシアで起きた大災害で、自分が予知夢を見ていたのに何もできなかったことが、無念の想いだった。

Next

南海トラフ巨大地震はいつ起きるか?|百瀬直也:地震前兆・超常現象研究家/ライター/ブロガー|note

いまは日本各地で大地震が発生する確率が高まっていて、いつどこで発生してもおかしくない状況なのだ。 中国の地震学者や故 池谷元伺教授によれば、 まず小動物の方が先に前兆を捉え、大きな動物ほど後になる傾向があるという。 お座敷犬など、人間に近い生活をしていると、そのような本能が薄らいでくるようだが。 5の地震が発生した。 また、オスプレイの振動によるものならば、なぜ気象庁が可能性としてでも指摘しないのかが疑問であるし、沖縄ではすでにオスプレイの振動が問題となっているため、オスプレイが振動の原因なら、このように「謎の揺れ」とはならないのではないだろうか。

Next

地震前兆百科~はじめに|百瀬直也:地震前兆・超常現象研究家/ライター/ブロガー|note

そこで、【地震前兆百科】では、日本に生息しない動物よりも、われわれの身近で見られる生物を優先的に紹介したい。 更に21世紀になってからは、自分自身が地震の前兆を、頭痛や耳鳴りとして「体感」しているのではないかと思うようになった。 そして、研究成果が応用段階に入っていた。 この本を読んで、一見科学的根拠がなさそうなこの現象が、科学で十分説明がつきそうだと思ったものだった。 まず地震の約1ヶ月前から4〜5日前に最初のピークがあり、魚、ミミズ、ネズミ、リス、モグラ、カラスなどの小動物に異常が現れる。 そして今年4月上旬、ツイッターにメガマウスが打ち上げられたこと、さらにこれが地震の予兆だとするツイートが投稿され、ネット上で拡散した。 私は現在、ハムスターの中でも最小の部類に入る、ジャンガリアンハムスターを飼っている。

Next