ジルチアゼム 塩酸 塩。 ジルチアゼム塩酸塩徐放カプセル100mg「日医工」

ジルチアゼム塩酸塩注射用50mg「サワイ」の添付文書

20).フェニトイン[フェニトインの血中濃度上昇による症状<運動失調・眩暈・眼振等>が現れることがあるので、定期的に臨床症状を観察し、異常が認められた場合には減量若しくは投与を中止し、また、本剤の作用が低下することがある(フェニトインの代謝酵素(チトクロームP450)を阻害することにより、フェニトインの血中濃度を上昇させると考えられ、また、フェニトインが本剤の代謝を促進することにより、本剤の血中濃度を低下させると考えられる)]。 妊婦・産婦• 21).リファンピシン[本剤の作用が低下することがあるので、定期的に臨床症状を観察し、また、可能であれば本剤の血中濃度を測定し、異常が認められた場合には、他剤への変更あるいは本剤を増量するなどの適切な処置を行う(リファンピシンが本剤の代謝酵素(チトクロームP450)を誘導することにより、本剤の血中濃度を低下させると考えられる)]。 イバブラジン塩酸塩投与中• カルシウム拮抗薬に分類されます。 フェニトイン フェニトインの血中濃度上昇による症状 運動失調、めまい、眼振等 があらわれることがある。 アピキサバン[アピキサバンの作用が増強することがあるので、定期的に臨床症状を観察し、異常が認められた場合には減量若しくは投与を中止する これらの薬剤の代謝酵素 チトクロームP450 を阻害することにより、これらの薬剤の血中濃度を上昇させると考えられる ]。 アスナプレビル含有製剤投与中• 重要な基本的注意• (2).心停止:心マッサージ、アドレナリン等のカテコールアミンの投与等蘇生処置を行う。 なお、年齢、症状により適宜増減する。

Next

33286

相加的に作用 心刺激生成・伝導抑制作用、陰性変力作用、降圧作用 を増強させると考えられる。 万一飲み忘れた場合、2回分を同時に飲んではいけません。 アスナプレビル含有製剤投与中•。 定期的に臨床症状を観察し、異常が認められた場合には減量若しくは投与を中止する。 定期的に臨床症状を観察し、異常が認められた場合には減量若しくは投与を中止する。

Next

ジルチアゼム塩酸塩注射用50mg「サワイ」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

定期的に臨床症状を観察し、異常が認められた場合には減量若しくは投与を中止する。 以下の病気・症状がみられる方は、• アプリンジン塩酸塩 両剤の血中濃度上昇による症状 徐脈、房室ブロック、洞停止、振戦、めまい、ふらつき等 があらわれることがある。 以下にあてはまる方は、服用・利用に際する指示があります。 2).うっ血性心不全が現れることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止し、強心剤の投与等の適切な処置を行う。 心電図をモニターし、異常が認められた場合には減量若しくは投与を中止する。

Next

ジルチアゼム塩酸塩注射用50mg「サワイ」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

狭心症、異型狭心症..通常、成人はジルチアゼム塩酸塩として1回30mgを1日3回経口服用する。 急に中止すると、反発的に症状が悪化するおそれがあります。 [先発] 他剤形・規格に後発医薬品がある先発医薬品 診療報酬において加算等の算定対象となる。 1度房室ブロック• 4).抗不整脈薬(アミオダロン塩酸塩、メキシレチン塩酸塩等)[徐脈、房室ブロック、洞停止等が現れることがあるので、定期的に脈拍数を測定し、必要に応じて心電図検査を行い、異常が認められた場合には減量若しくは投与を中止する(相加的に作用(心刺激生成・伝導抑制作用)を増強させると考えられる)]。 なお、年齢、症状により適宜増減する。

Next

ジルチアゼム塩酸塩徐放カプセル100mg「日医工」

特にジギタリス製剤との3剤併用時には注意を要する。 以下にあてはまる方は、服用・利用の際に慎重な判断が必要です。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 アピキサバン アピキサバンの作用が増強することがある。 • フェニトインの代謝酵素 チトクロームP450 を阻害することにより、フェニトインの血中濃度を上昇させると考えられる。

Next

ジルチアゼム塩酸塩Rカプセル100mg「サワイ」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

過敏症• ミダゾラム: ミダゾラムの血中濃度上昇による症状(鎮静・睡眠作用の増強等)があらわれることがある。 得られた薬物動態パラメータ(AUC、Cmax)について統計解析を行った結果、両剤の生物学的同等性が確認された。 • これらの薬剤の代謝酵素 チトクロームP450 を阻害することにより、これらの薬剤の血中濃度を上昇させると考えられる。 セレギリン塩酸塩 セレギリン塩酸塩の作用、毒性が増強することがある。 • 定期的に臨床症状を観察し、また、可能であれば本剤の血中濃度を測定し、異常が認められた場合には、他剤への変更あるいは本剤を増量するなどの適切な処置を行う。

Next

医療用医薬品 : ジルチアゼム塩酸塩

フィンゴリモド塩酸塩[フィンゴリモド塩酸塩の投与開始時に併用すると重度の徐脈や心ブロックが認められることがある 共に徐脈や心ブロックを引き起こす恐れがある ]。 2).精神神経系:(頻度不明)倦怠感、頭痛、頭重感、こむらがえり、脱力感、眠気、不眠、パーキンソン様症状。 HIVプロテアーゼ阻害剤(リトナビル、サキナビルメシル酸塩等): 本剤の血中濃度上昇による症状(降圧作用の増強、徐脈等)があらわれることがある。 これらの薬剤の代謝酵素 チトクロームP450 を阻害することにより、これらの薬剤の血中濃度を上昇させると考えられる。 筋弛緩作用に注意し、異常が認められた場合には減量若しくは投与を中止する。 15).アピキサバン[アピキサバンの作用が増強することがあるので、定期的に臨床症状を観察し、異常が認められた場合には減量若しくは投与を中止する(これらの薬剤の代謝酵素(チトクロームP450)を阻害することにより、これらの薬剤の血中濃度を上昇させると考えられる)]。

Next