セキセイ インコ 野菜。 セキセイインコにおすすめの餌の種類は?大好物の野菜とペレットはどれ?

インコの副食。食べていいもの悪いもの【野菜と果物】

しかし、 シード食はそれだけでは栄養が足りないため、ビタミン、ミネラル、カルシウムなどが摂れる副食が必要になってきます。 OKなオススメ野菜青梗菜、水菜、サラダ菜、パセリ、 春菊、カブや大根の葉、かぼちゃ、 ピーマン、ズッキーニなど 野菜の中には、 あげてもいいけど、 適量に抑えた方がいい 種類もあります。 ボレー粉の洗い方 ザルやボウルにボレー粉を入れ、お米を研ぐような感じで、水が透明になるまで数回洗います。 と書かれていて、良い野菜=カブ(葉)・小松菜・大根の葉・チンゲンサイ 不適当な野菜=レタス・キャベツ・ほうれん草 となっています。 種類も日替わりであげると、飽きが来ずいいと思います。

Next

キャベツはインコに与えていい野菜?

それ以外に食べられるものは、 春菊、 カブや大根の葉、 カボチャ、 ニンジン、 ピーマン、 ズッキーニなどがあります。 まとめ 出典 セキセイインコ向けの 野菜と果物について 解説してきましたが、 いかがでしたか? 総合栄養食であるペレットを 与えていれば問題はありませんが、 天然のビタミンやミネラルなどは 野菜からでないと得られません。 そもそも人間が食べても酸っぱいし苦いって思ってしまう食べ物なので、食べさせないほうが無難です。 ペレットメインの場合は、ビタミン剤などのサプリメントは必要なく、定期的に野菜を与えるだけで栄養素を補うことができます。 それでも青菜などの野菜を食べないのであれば、ネクトンなど水に溶かして与えるビタミン剤を利用するといいでしょう。 また、ゴイトロゲンはアブラナ科の野菜に多く含まれます。

Next

セキセイインコにおすすめの餌の種類は?大好物の野菜とペレットはどれ?

その場合は別に与える必要はないので、なにが混合されているか見てみるといいですね。 色つきのカラフルなものもあるので、見た目に反応して食べてくれることもあります。 逆に有害なものにはホウレンソウがあります。 湿気に弱いので、しっかり蓋をして冷蔵庫で保管しましょう。 オクラ、モロヘイヤ、キノコ類などです。 小松菜• そう考えると、キャベツを始めとしたシュウ酸含有量の多い野菜を、わざわざ茹でるなどの手間をかけてまで与える必要はないでしょう。 セキセイインコの副食 主食がシードの場合、 ビタミン、アミノ酸などが不足しますのでサプリメントで補給しましょう。

Next

インコが食べていいもの・食べてはいけないもの【野菜や果物は大丈夫?】|小動物マニア

また、塩分の取りすぎは腎臓にも負担がかかります。 キャベツは苦みを感じさせる野菜とはいえませんが、意外とシュウ酸の含有量は多めです。 と記述されています。 でも、ごはんはインコにとったら塩分と糖質が多すぎるのとカビになりやすい為「そのう炎」という病気になってしまう場合があります。 野菜であれば豆苗やサラダ菜、小松菜などがおすすめです。 インコが大好きな場合は時々あげても良い、くらいに思っておく方が良さそうですね。

Next

セキセイインコのおやつには野菜?いつからあげていいの?

セキセイインコに栄養満点の青菜を食べてもらうためには 青菜をなかなか食べてくれないコもいます。 与えすぎは注意! 鳥には 「砂肝(すなぎも)」という消化器官があり、 「グリッド」と呼ばれる砂が入っています。 インコちゃんを1年に一度は健康診断に連れて行き、獣医さんからアドバイスを受けるようにしましょう。 シードからペレットに餌を切り替える方法 セキセイインコによってもペレットの好き嫌いは大きくわかれます。 初めて見るものにはとても慎重になり、無理やり近づけたりすると怖がって逃げ出し、それ以降は危険、逃げるべきものと認識してしまう結果となる場合もあります。 その個体によっては野菜に対して好みもありますので、小松菜が食べないようであればサラダ菜など、いろいろな野菜で試してみてください。 根気よくいろいろな手を使って試してみてください。

Next

セキセイインコの食べてよい果物・野菜

ビタミンA・B2・C・E、食物繊維などが豊富で。 しかし、じつはこのキャベツも、インコにとって有害な野菜の一つです。 ただし与えるときは、まずは少量から試してください。 胃や食道、腸などの粘膜を傷つけてしまい、逆に体に負担を与えてしまう場合もあります。 また、 バラ科の果物(りんご、桃、いちご、さくらんぼなど)の種子には、インコにとって有害な物質が含まれています。 あくまでもメインは小松菜もしくは手にはいるならばはこべ、有毒な物は与えないことが大前提です。 人工飼料のペレットを主食としている場合、栄養素はペレットに十分含まれていますので、野菜は必要ではないこともあります。

Next