近鉄 通勤車両 新型。 新型名阪特急「ひのとり」があらわにした、近鉄の抱える「課題」は

特急ひのとり|近畿日本鉄道

「スナックカー」を淘汰できたところで、そのすぐ後にも取り替えるべき車両が控えている。 最近は特急を乗り入れる動きもある・・・そうなると本当に・・・• 47(著者・編者 近畿日本鉄道、出版・発行 同左)• 一方で、昼間の比較的すいている時間帯や急行などの優等列車には、車窓を眺めやすいなど乗客サービスを向上させたクロスシートを投入したいところです。 ラッシュ時は、ドア間にある3脚の2人掛けクロスシートが90度回転。 なお、厳密には統一規格化と新形式の登場に若干の時期的誤差があり、ほとんどの路線で前世代の最終増備車から統一規格車体となり、すぐ後に新形式が登場している。 8両編成の場合は中間車両にレギュラー車両がさらに2両加わる構成。 ちなみにタブレットを使っており、JR西日本も同様の形式で新快速列車で順次自動放送を初めている。

Next

近鉄の通勤車両の新型車による置き換えは計画されてないのですか?

(Ace)• 2019年4月から新たなブランドロゴやホテル名称を使用しています。 同じ南河内を走る南海6200系とは登場年が同じ(74年)。 車体裾をよく見るとその違いがよく分かる。 他路線がこの車体幅になるのは1980年代のVVVF車の時代になってから。 また、神戸方面から観光客を呼びこむ為に、近鉄特急の定期運行を阪神側に要請しているそうです。 近鉄の車両はどれも似たようなスタイルの車両ばかりで、さっぱり見分けが付かない。

Next

近鉄の通勤車両の新型車による置き換えは計画されてないのですか?

また、同時期に東急車輛製造で造られた南海6000系電車は、2019年まで1両も廃車されることなく活躍を続けており、錆びない車体の威力を発揮しています。 楽がニュービスタカーの代わりみたいです。 第1編成以外は特別塗色だったが、いつの間にか第1編成と同じ塗色に塗り替えられていた。 VVVF装置は三菱製。 2020年春に新型車両を導入し、6両を8編成、8両を3編成の、計72両11編成を新造します。

Next

近鉄の車両

細部では6800系の前照灯配置や1480系の中間車の前後対象の窓配置など、後に増備された車両と比較して異なる点が存在した。 一方で京都線はボロばっか• 特急車以外ではね。 ただし2種類の車両を準備するには、費用や効率化など難しい面があります。 それまで暖色系統だったシートが銀色に張り替えられた。 しかしこの車両もまた、通勤需要の増大と共に付随車連結で自慢の高加減速度は失われた。 違いは車体幅と連結器の高さ。

Next

シリーズ21

南大阪線通勤車両の主力車両。 それゆえ、ゆとりを前面に打ち出し、かつ6,680円となる新幹線の運賃・料金 「のぞみ」通常期 より割安感をアピールする戦略を昭和40年代から取っている。 電機子チョッパ・電気指令式ブレーキ・デスク型の運転台・オールステンレス車体を採用。 ちなみに2017年現在、どうやら9820系の最後の増備が2008年らしいので実に9年間全く通勤車に新車が導入されていない模様。 時々奈良線に入線することもある。 1970(昭和45)年には営団(現:東京メトロ)千代田線への相互乗り入れ用に、前面を貫通形とした1000番台が登場。

Next

近鉄名阪特急に新型車両 全席にバックシェル装備、先頭車は前面展望も 2020年春導入

果たして近鉄はなんとか先にLCD付きの普通車両を作れるのか。 むしろ伊勢志摩ライナーの黄色とそっくり。 今度は阪神にあわせるためだとか・・・・• 最低限の所は押さえていれば(内装に乗り心地とか)、もう低コスト標準車体仕様でもいいです…。 そこで今回は、日本の通勤電車の歴史を変えた車両を、筆者の独断と偏見で5つ選んでみました。 海外では、複数方式集電の車両が実用化されているためでしょう。 発車合図に使う電鈴は京阪・京都市交と同じ単打式(阪急・阪神・南海・大阪市交・神戸市交などは自転車のベルに近い複打式)。

Next