ホワイトデビル 安西。 安西光義(安西監督)名言集

『スラムダンク』の安西先生│☆素敵な 日常を掬い上げる♩

その後はに連れ出されたが引き続き観客席で観戦していた。 バスケ経験は中学2年の終わりごろからで浅く、高校入学当初は新入生の中でも一番下手だったが、仙道を過剰に意識しながら急速に成長した。 名朋工業高校 [ ] インターハイ予選愛知県大会で愛和学院を破り、大会1位で通過した実力校。 アニメ版では期末テストの結果、赤点3つ。 メンバー曰くその後の安西は元気をなくしていたという。 桜木軍団 [ ] 和光中学出身で湘北高校1年生の5人組。 2017年11月よりのディレクターを務めている。

Next

安西先生

武里高校 [ ] 昨年度、今年度共にインターハイ予選神奈川県大会ベスト4の高校。 そこにはアメリカのチームでプレイする谷沢が映っていたが、谷沢を見て安西は心の中で「 まるで成長していない・・・」とつぶやいた。 試合開始数分にをとられるが、アニメでは花道の赤木直伝の技である「目で殺す」に臆して歩いた。 神奈川では上位に位置付けられる強豪校だが、全国大会への出場経験はない。 花道を単なる乱暴者や素人とは見なさずその素質を見抜き、試合後半に花道が湘北に多大な影響をもたらしていることに気付いてからは河田をマークにつかせた。 【掲載ページ】 第22巻P11 【名言13】下手糞の上級者への道のりは己が下手さを知りて一歩目 【名言13】の解説 桜木の個別合宿の際に桜木のシュートフォームを見て出た名言である。 白髪鬼安西も雰囲気とか言動が怖かっただけで体罰はしてないよな -- 名無しさん 2014-06-14 22:13:56• 更に桜木はここで驚くべき行動に出ます。

Next

『スラムダンク』の安西先生│☆素敵な 日常を掬い上げる♩

飄々として切り抜ける 聞き流す。 エンジニアとしての人生の時間の質(Quality of Engineering Life)を向上させること 上記を目指すためにプロジェクトファシリテーションでは以下の5つに価値を置きます。 原作終了後の黒板漫画では、国体のメンバーについて田岡と議論しており、最終的にはどちらが監督をするかで火花を散らしていた。 しかし、花道をただの友人以上の存在として見ており、周りから何と言われようが、いかなる時も彼を信頼している。 基本は自覚も才能もある選手たちの自主性に任せ、 いざという時、助力が必要な時にはしっかりと 入り込み、チームを導いていく。

Next

【湘北 安西先生に学ぶ】名作スラムダンクに学ぶインクルージョンマネジメント

試合ではここぞとばかりの時にしか動かないので「置物」扱いされることも。 インターハイ出場校 [ ] 秋田県立 山王工業高校 [ ] 代表、高校バスケ界の頂点に君臨する高校。 桜木軍団のサブリーダー。 木暮も柔道部に…」とつぶやいたほか、翌日には湘北高校の生徒たちから「いぶし銀の活躍」と祝されている。 野辺 将広(のべ まさひろ) 3年、198cm 、背番号5、C。 川崎 昭雄(かわさき あきお) 3年、192cm、背番号8、C。 体格を活かしたパワープレイは圧巻であり、牧からは「魚住がゴール下にいるとチームに一本芯が通る」と評されている。

Next

SLAM DUNKの登場人物

君たちはケンカしたからオシオキです。 大栄学園高校 [ ] インターハイ予選大阪府大会1位通過校。 彦一に参加者を集めさせ、陵南との混成チームによる湘北との練習試合をし、弥生に仙道ともども「ポイントガードとして間違いなくトップクラス」と評された。 その一方、才能や素質に恵まれなくても本人の努力次第ではスタメンにもなれる、公正な実力主義のチームでもある。 渡米した谷沢を案じ、できるだけのことはした。 本人曰く、純粋な善意と友情から。 堂本の指示により、圧倒的優勢な状態からリバウンドを支配されて流れを変えられた花道とマッチアップ。

Next

【スラムダンク】安西先生の驚きの過去やブチ切れの名シーン

)」 木暮も試合を諦めてない事が伝わるシーンで、 かつ桜木に対する思いが詰まっている感じがして好きですね。 1プレイヤー。 その後、入部当時は挫折しかかっていた魚住を励まして説得し、神奈川トップクラスのセンターに、またひとりのスコアラーに過ぎなかった仙道を一流のオールラウンダーにそれぞれ成長させた。 こちらも1. この圧倒的なディフェンス、それをなせるだけの体力、そこからの正確な攻め。 陵南との練習試合と三浦台戦では安田と共にスタメン出場したが、リョータと三井のバスケ部への復帰や花道の成長により、その後は控え選手となった。 しかし後半に花道の反則行為 を受けてからペースを乱し、花道の脅威のジャンプ力に翻弄されて途中交代となる。 残り1分強に田岡から、赤木と流川にボールが渡った場合は木暮をある程度離しても必ずダブルチームに行くよう指示を受けたが、結果的にそれが試合を決定づける木暮のスリーポイントシュートを許すことになる。

Next