グーグル サーチ コンソール。 【基本】Google Search Console(グーグルサーチコンソール)の登録方法と使い方

Google Search Consoleの設定・登録方法、主要機能の紹介

「リンク」で外部リンク数やリンク元を見ることが出来るので分析にも役立ちます。 ちなみにGoogleサーチコンソールはです。 そのデータを元に記事のリライト(改善)を行い、検索上位を狙うことが出来るのでとても重宝する機能です。 では、自分が設定したいサイトの WordPressのダッシュボードに行ってください。 これで終了になります。 平均掲載順位 検索結果に表示される掲載順位(平均) これら4つはすべて検索結果ベースのデータになっていますので、• 正常に処理されるとこの画面になりますので 【完了】を押しては完了となります。

Next

【基本】Google Search Console(グーグルサーチコンソール)の登録方法と使い方

立ち上げたら、コピーしたタグを一旦ペーストしてください。 これらのキーワードデータは検索ユーザーの活きたキーワードなので、特に 自分では思いつかないようなお宝キーワードを発見することにも繋がります。 Seesaaブログの場合• (旧バージョンのFetch as Googleにあたる機能も有しています。 Googleアナリティクスと並んで、サイト運営者なら絶対に導入しておきたい超重要ツールです。 コピペしたら、忘れずに「変更する」をクリックしてください。 アナリティクスでは、ユーザーがサイトに訪問した後の閲覧データを中心に確認することができます。 Googleアナリティクスもサーチコンソールもサイトの分析には欠かせないツールなので、ぜひこの2つを連携してサイト改善に役立ててみてください。

Next

グーグルサーチコンソールとは?【ワードプレスで登録】

始めにこちらの画面の【今すぐ開始】ボタンをクリック。 そのため、どんなに良質なコンテンツを発信していても、この3ステップのうちどれか1つでも欠けてしまうと意味がありません。 利用規約を確認して「同意する」を押下します。 さらにそのまま「ページ」をクリックすると、そのキーワードで検索されたときに検索結果に表示されたページを確認することができます。 Webサイトの構造を把握する「サイトマップ」 新しいサーチコンソールでは、サイトマップのデザインが改良されました。 他にもこんな記事があります。 そのキーワードで検索をして、どのようなページが上位表示されているのは自社サイトのどのページなのかを確認する• HTMLの改善 タイトルやディスクリプションなど、meta情報に問題がある場合にHTMLの改善案が表示される機能です。

Next

サーチコンソール(Search Console)にサイトマップを登録する方法【サイト運営に必須!】|アクセス解析ツール「AIアナリスト」ブログ

検索したい期間を選んで「追加」をクリックします。 ドメイン登録 それでは、「グーグル サーチ コンソール」のページを開いてください。 「そのキーワードで検索するユーザーは何を知りたいのか」を推測しながらライティングを行う. 無料ツールですが非常に使いやすいため、サーチコンソールを導入し、Googleアナリティクスと組み合わせて活用することをおすすめします。 ページごとのクリック率(CTR)• 各方法にチェックを入れると具体的にどうすれば良いのかということが表示されます。 自分が狙ってなかったキーワードを探せ! ここから探すお宝キーワードの正体は 『自分が記事を作る時に狙ってなかったキーワード』です。

Next

【要注意】グーグルサーチコンソールの設定方法とやってはいけないこと!

ここでページのURLをクリックすると、 そのページでの• これでwww. Googleアカウントのメールアドレスを入力して「次へ」をクリックします。 逆に、クロールがされていないサイトは存在自体が無いと認識されるのか、検索に引っかかるらないので非常に重要。 「検索パフォーマンス」は、Googleサーチコンソールの機能の一つでWEBサイトにユーザーの訪問を促すためにどのような動線を作れているかの分析を行うツールです。 これをウェブサイトのheadタグ内に貼り付けます。 過去16ヶ月間• そのキーワードをタイトルに組み込む(あくまでも自然な感じになるように)• なにか参照先が変わるような事をした場合はクロール要請をした方が良いです。

Next

【2020年5月更新】サーチコンソールの設置・初期設定方法!初心者向け!|hitodeblog

まずはサーチコンソールを使うとどのようなことができるのかについて説明しましょう。 赤枠の部分に下記を入力します。 先ほどの例で言うと本来は『キュウリの作り方』を知りたかったにもかかわらず、あまりキュウリの作り方を教えてくれているサイトがなくて、「もしかしたらここにあるかも」と思って『トマトの作り方』をクリックした。 Googleサーチコンソール>クロール>Fetch As Googleから、更新したURLを登録します。 このやり方が一番簡単でおすすめです。 WEBサイトの掲載順位• 合計クリック数• 『+プロパティを追加』をクリックしてください。

Next

新Googleサーチコンソール 不要なプロパティを削除する方法

記事ページの検索順位が分かる• 以上でサイトマップの送信は完了です。 続いて【管理しているサイトとドメインのリストの管理】という画面が出てくるのでこれも【許可】をクリック。 xml」 先ほどダウンロードしたときのファイル名 を入力するということです。 クローラーに認識してもらうことで、新しいページも検索結果に表示されるようになるためサイト運営に必須の機能になります。 先ほどのGoogleサーチコンソールのページに戻って『確認』を押しましょう! 問題なければ下記のような画面になります。

Next