ホンダ アコード。 ホンダ・インスパイア

Honda Accord Owners Club HAOC

12月 8代目と世代交代して販売終了。 外観では専用18インチアルミホイール、ウインカーのクリアレンズ化が識別ポイントとなる。 近いでは以来となる。 インパネ、ドアトリムの仕上げは上々だが、スラッシュ成形(やや柔らかい部分)の使用部位をあとひと息広げてもらうと、より満足度が高まりそうだ。 4L車は新たな専用装備を追加してグレード体系を「Type S」・「Type S・アドバンスパッケージ」に絞り、新たにレギュラーガソリン仕様のを搭載した「20TL」・「20TL・スマートスタイルパッケージ」を追加した。 ホンダもかつての隆盛時には、アコードが兄弟車の「ビガー」とともに月販1万台以上も販売した実績もあった。

Next

Honda Accord Owners Club HAOC

全幅はグレードによってはインスパイアやレジェンドより広くなる。 Iihs. バルブ挟み角は51度から35度に変更されたことにより燃焼室がコンパクトとなった。 0 LEV• 2018年7月3日閲覧。 1800サルーンのダッシュボードはトレイのないデザインとなっている。 インテリアはコンサートホールや劇場をキーワードに、静粛ながら空間が開放的でわくわくする感覚を目指して設計。

Next

ホンダ・アコード

どこが悪いと言うよりは、普通、それも「普通すぎる」、のだ。 インストゥルメントパネルのデザインは水平基調に一新された。 型式は以下のとおり• Honda 2013年5月31日(2013年6月1日閲覧)• 初代「フィット」のお尻にトランクルームを付けた「フィット アリア」以来、11年ぶりにアユタヤのタイ工場からやってくるホンダ車である。 先代アコードがデビューした時、試乗して感じたのが、エンジン音の高まりと加速感がリンクしないということ。 3月11日に発生した東日本大震災で被災された皆様に、 謹んでお見舞い申し上げますと共に、 一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。 」 という印象になってしまうのだ。 リクルート株式会社 2020年1月21日. 確かに初めて乗り込もうとした際、足を前方に投げ出す姿勢は、2、3代目『プレリュード』を思い出させられたほどの低さに感じた。

Next

ホンダ「アコード」の自動ブレーキ、センサー調達先を変更

総排気量:2,997cc• 名称としては「ホンダマチック4速フルオート」を名乗り「ホンダマチック」の名を残していた。 0 VTS・レザーパッケージ• 0L直4DOHC エンジンを採用しており、エンジン自体の最高出力は少ないが、モーター「2モーター i-MMD 」出力は高く作られており、 2. こちらに組み合わされるのは専用の6速MT。 1992年にはこのモデルを(サッシュレスドア)に変更し、として日本で発売。 0 クリーンスポーティス• さらに、先代と同様の「VCM」であるが、切り替える気筒数が3気筒-4気筒-6気筒の3段階に改良されている。 2013年7月26日閲覧。

Next

ホンダ アコード (初代 SJ/SM 1976

のマイナーチェンジの際に、J32Aは30PSアップした仕様に変更したが、これは元々アキュラブランドで発売されているクーペモデル()に載せられていたものと同じである。 在庫対応分のみの販売となる。 5LのG25A型。 さらには、ロードノイズを低減させる構造を備えた、「ノイズリデューシングアルミホイール」も標準装備。 街灯がある場合よりも、高い検知性能が求められる。 たとえば高速の入り口で急カーブを描く際やジャンクションを駆け抜ける瞬間など、退屈な通勤の枠を超えたちょっとした非日常の場面で、性能の良さが顕著に現れる。 更に、ハイブリッドシステムも3世代目となり、より小型化されたことで軽量化と燃費向上を果たす、後席フロア下に収納するホンダらしい作りでスペースを確保した。

Next

写真で見る ホンダ「アコード」(2020年フルモデルチェンジ)

シフトノブによるシフトワークは後期型から消失した。 なお、国産のレギュラーガソリン仕様としては、初めて280PSの最高出力を有している。 北米仕様は大型化されて独自の設計となり、日本市場には後に4代目として登場した。 5LのJ25A型と3. ただね、無難にまとめすぎたかな、という気がするのだ。 乗り心地は先代に軍配 今回、試乗できたのは正味数時間。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。 また、アコードとしては初の四輪駆動モデルも設定された。

Next