日本 女子 バレー メンバー。 日本女子バレーボール代表選手の一覧

日本女子バレーボール代表選手の一覧

この時の アタック決定率54. 所属:山口整形外科• 女子200m背泳ぎ: 予選落ち(2分25秒05)• 6 東レアローズ 黒後愛 選手 久光製薬スプリングス 戦 武田テバオーシャンアリーナ V. グレコローマン100kg級: 7位• 爽やか、スッキリタイプの美女選手です。 所属:杏林大学• 出場選手は以下の12名である。 同年12月17日、V・プレミアリーグの久光製薬スプリングスは今村ら3選手の入団を発表した。 春高バレー、インターハイで活躍。 「2013 女性年度賞」を受賞した。

Next

全日本女子バレーボールメンバー2019決定!画像つきで28名を紹介|なぜなにいんふぉ〜

(研究生)• ドクター:高沢晴夫• 女子個人総合: 16位(76. 女子200m個人メドレー: 15位(2分22秒81)• 男子フルーレ個人: 予選敗退• 女子コーチ• ・・・• 最優秀新人賞受賞。 佐藤美弥(さとう みや)選手 田代佳奈美(たしろ かなみ)選手 冨永 こよみ(とみなが こよみ)選手 冨永 こよみ(とみなが こよみ)選手のプロフィール! 宮下 遥(みやした はるか)選手 宮下 遥(みやした はるか)選手のプロフィール! 関 菜々巳(せき ななみ)選手 関 菜々巳(せき ななみ)選手のプロフィール! リベロ 2019年度に選出されたリベロのメンバーです。 名前 :山岸 あかね(やまぎし あかね) 生年月日 :1991年1月8日 年齢 :28歳(2019年現在) 出身地 :長野県須坂市 身長 :164cm 体重 :55kg 血液型 :O型 所属 :上尾メディックス 相性 :キラ ポジション:リベロ バレーボールをやっていた姉の影響で5際からバレーボールを始める。 顧問:• 2013年-2014年の プレミアリーグで 準優勝。 監督 中田久美 2019年の日程(スケジュール) それでは、女子バレー日本代表の2020年の大まかな大会スケジュールを確認してみましょう。 高校卒業後小田急ジュノーに入社しアタッカーとして活躍し、JTマーヴェラスへ移籍。 男子1000mタイム・トライアル: 13位(1分08秒87)• 男子フリー・ピストル: 29位(540)• 春高バレー、インターハイで活躍。

Next

2019年度女子日本代表チーム 選手・監督・スタッフ|女子日本代表|公益財団法人日本バレーボール協会

モントルーバレーマスターズに出場。 フリースタイル68kg級: 4位• 男子走り幅跳び: 7位(7m87cm)• 東九州龍谷高等学校に進学 3年生の時にキャプテンを務め 第64回全日本バレーボール高等学校選手権大会で 優勝。 東谷玲衣奈選手 デンソーエアリービーズ• トヨタ車体 2名• 当時 「秋田の宝」と言われるほどの活躍を見せ 公立高校で唯一のベスト8入り 2018年に卒業と同時に上尾メディック入団。 新人賞受賞。 にはミズノ社の「火の鳥カラー」(オレンジ色)の試合シューズで色を選手全員統一した。 本部員:土屋和平• 2015年Vチャレンジリーグの日本GSSサンビームズはカザフスタンのチームに所属していたサビーナ選手の入団を発表しましたが、リーグ戦開幕直前に体調不良となりチームを離れカザフスタンに帰国しました。 2015年に第14回世界ユース女子選手権大会出場。

Next

北京オリンピック2008 バレーボール 日本代表選手団

女子200m自由形: 16位(2分05秒24)• 同年 ワールドグランプリで 銀メダルを獲得。 2013年4月、全日本女子メンバーに初選出される。 TV局が付けた異名は「魅惑のポニーテール」「バレーボール界のシャラポワ」などとメディア界でも人気があります。 オールスタードリームマッチに中学生が3名選ばれたがそのうちの1名だった 地元の高校で強豪校である春日部共栄高等学校に進学 3年間絶対的エースとして活躍した 2017年高校生選抜隣タイに遠征 また中学校3年生から高校2年生まで 3年連続オールスタードリームマッチに選出 2017年日立リヴァーレに内定 2018年9月に開催された第6回アジアカップではU23の14人に選出 チームで準優勝という成果を残す 芥川 愛加(24) 名前 :芥川 愛加(あくたがわ あいか) 生年月日 :1991年4月3日 年齢 :28歳(2019年現在) 出身地 :熊本県宇土市 血液型 :A型 身長 :180cm 体重 :60kg 所属 :JTマーヴェラス 相性 :アイカ ポジション:ミドルブロック 全日本女子ベレーを見たことがきっかけで中学校1年生からバレーボールを始める 東九州龍谷高校に進学 2007年にアジアユース選手権大会優勝 2008年アジアジュニア選手権優勝 2008年、2009年に春高バレー、インターハイともに2連覇を達成している 2009年12月には 皇后杯日本バレーボール選手権でプレミアリーグ勢を撃破したことに貢献している。 を使用してデータを駆使する「IDバレー」を掲げ、に日本で行われた第16回では1982年大会以来28年ぶりにベスト4進出を果たすと、準決勝でブラジルの前にフルセットの末敗れはしたものの3位決定戦でアメリカをフルセットの末に勝利し、32年ぶりのメダルとなる銅メダルを獲得した。

Next

女子日本代表/2020年度登録メンバー発表。主将は荒木

2017年より再び全日本女子代表に選出。 グレコローマンスタイル68kg級: 2回戦敗退• 林 光俊• 監督 No 選手名 シャツネーム 身長 所属 P 備考 02 KOGA 180cm WS 03 IWASAKA 187cm MB 04 SHINNABE 173cm 久光製薬スプリングス WS 05 ARAKI 186cm MB 06 MIYASHITA 177cm S 07 ISHII 180cm 久光製薬スプリングス WS 08 UCHISETO 170cm トヨタ車体クインシーズ WS 10 TOMINAGA 175cm S 11 NABEYA 176cm WS 12 SATO 175cm S 13 OKUMURA 177cm デンソーエアリービーズ MB 14 KOBATA 164cm L 15 INOUE 162cm デンソーエアリービーズ L 16 KUROGO 180cm WS 17 TASHIRO 173cm デンソーエアリービーズ S 18 YAMAGISHI 165cm 埼玉上尾メディックス L 19 IMAMURA 176cm 久光製薬スプリングス WS 20 WATANABE 176cm トヨタ車体クインシーズ MB 21 OSANAI 175cm 日立リヴァーレ WS 22 YOSHINO 173cm 埼玉上尾メディックス WS 23 IRISAWA 188cm 日立リヴァーレ MB 24 AKUTAGAWA 180cm JTマーヴェラス MB 25 SEKI 170cm 東レ・アローズ S 27 NAKAGAWA 183cm 久光製薬スプリングス WS 28 ISHIKAWA 171cm 東レ・アローズ WS 歴代の監督一覧 [ ] 名前 再 国籍 就任時の所属 在任期間 - - 2 - - 2 ヤシカ 2 日立 - 2 ユニチカ - 日立 日立 - 3 ユニチカ - 日立 3 日立 2 - JVA 4 ユニチカ ユニチカ - NEC - - - 久光製薬 - 歴代の主な主将 [ ] 1960-1970年代 、、、、、、 1980年代 、、、、、丸山(旧姓江上)由美 再 、 1990年代 佐藤伊知子、、、中西千枝子 再 、 2000年代 、、、、、 2010年代 荒木絵里香、、 脚註 [ ] [] 注 [ ]• 所属:旭化成 株• 2012年 デンソーエアリービーズに入団。 2008年に 国体優勝。 大学4年生の時に 全日本バレーボール大学男女選手権大会で 優勝。 com 2011年11月18日• 女子100m平泳ぎ: 予選落ち(1分14秒68)• 本部員:金古正• シングルスカル: 敗者復活戦敗退(7分32秒53) セーリング [ ] コーチ: コーチ:• 5月のモントルーバレーマスターズでデビューしネーションズリーグに出場。

Next

全日本女子バレーのキャプテン歴代で1960年からの一覧表示

になって、『』()内で放送された「」の冒頭で、彼女達が芸能人選抜チームとマッチを何回か行ったことがあった。 みんなで全日本バレー女子代表を応援しよう!. 2019年、シニア代表に初選出された。 (ク)• フリースタイル100kg級: 5位 柔道 [ ] 監督: コーチ: コーチ:• 2年生の時に 全日本中学選抜に選出。 男子95kg超級: 金メダル• 3年の時に出場下全国都道府県大綱中学校バレーボール大会では2回戦敗退するも 優秀選手賞を受賞。 (鳥取エフワン)• 男子100m平泳ぎ: 10位(1分04秒41)• (研究生)• 彼の武器は高さを活かした強烈なスパイク。 ()・()・()・(勤務)・(研究員)・()・(横浜サクライスイミングクラブ)・(自営業)・(横浜サクライスイミングクラブ)・()・(光陽グラフィックインターナショナル)・()・()• 中田監督時代 [ ] 2017年度よりが公募によって就任し(女性監督は以来2人目)、2020年の東京五輪へ向けた新体制が発足した。

Next

2018世界バレー・全日本女子代表メンバーのプロフィールや経歴を総まとめ!

1981年 日立ベルフィーユに入団。 ベストリベロ賞受賞。 全日本中学校バレーボール選手において 就実中学校は3年連続3位に入賞。 モントールバレーマスターズに出場。 植田 辰哉• 2013年10月 第1回世界U23女子バレーボール選手権にて 銅メダル獲得。 ポジション:セッター• com 2011年11月14日• アジア選手権で 日本の10年ぶりの優勝に貢献。

Next