ホンダ 自動 運転。 ホンダの「コネクテッド」、中国も舞台に進化 AI開発のNeusoft Reachと合弁

ホンダ社長、自動運転レベル3車を年内に発売

6段階に分類される自動化レベル ここでの「アイズオフ」とは、システムが正しく機能している際に目線を前方から外した状態での運転操作を意味する。 そのホンダがニューソフトリーチと合併会社を設立したことでどの程度技術が進化していくのか、引き続き注目したい。 2017年1月には、業界初となる先進の燃料電池システムの量産をおこなう合弁子会社を米GM(ゼネラルモーターズ)とともに設立することを発表した。 【参考】WayRayについては「」も参照。 すべての人に事故ゼロと 自由な移動の喜びを提供したい 交通事故の原因の9割以上が、 ヒューマンエラーによる事故。

Next

自動運転(Automated Drive)

ホンダのレベル3発売は、間違いなくレベル3の開発競争を加速させる。 なお、ホンダとソフトバンクは2016年にもソフトバンクグループ傘下のcocoro SBが開発したAI技術「感情エンジン」のモビリティへの活用に向けた共同研究を開始している。 また、燃料電池自動車に加えEV(電気自動車)の開発を強化していく。 8%減の6853億円となったが、2018年3月期は同9. 0」の実現を2020年をめどとするなど、実現目標を2020年前後に設定する例が多かったが、2020年が間近に迫った現在では、少し慎重になっている感をうかがわせている。 2017年3月期の研究開発支出は前年度比4. 2020年1月には、サブスクリプション型の新たな月極定額モビリティサービス「Honda Monthly Owner(ホンダ マンスリー オーナー)」も開始している。 中国でアリババと提携するほか、スタートアップ買収も アリババは2019年6月、ホンダの中国法人とスマートAIなどの機能を備えた第3世代「Honda CONNECTシステム」を共同開発し、ホンダが中国市場で販売する車種に自動車用音声AIアシスタント「天猫精霊」を導入することを発表した。

Next

ホンダ社長、自動運転レベル3車を年内に発売

飲食や読書などについては現時点で明確な線引きはなく、今後議論を呼びそうだ。 設備投資や研究開発:2018年度は研究開発費9. 2020年予定のレベル3解禁時に、通常の高速走行を自動化する自動運転システムが登場するかどうかは微妙な状況だ。 時速30キロメートル以上(渋滞追従機能付は0キロメートル以上)で作動する。 このほか、従来の「分解整備」の対象を自動運行装置などの先進技術に関する整備まで拡大し、名称を「特定整備」に改めている。 自動運転システムを作動中は人はいつでもシステムと運転を交代できる状態を保つ必要があるが、運転手は手だけでなく、目線を外してもよいことなっている。 一方、国内車種の展開では300万円もの価格を上乗せできる車種が少ないので、クラリティシリーズ・アコードへの採用が考えられます。 出資比率は、本田技研工業(中国)投資有限公司が51%、Neusoft Reach Automotive Technology(Shanghai)が49%。

Next

自動運転を機に下克上!?ホンダのCASE、提携状況まとめ

この条件をODD(運行設計領域)といい、その条件は各自動運転システムによって異なる。 独フォルクスワーゲングループやBMWなどに新たな動きが出てくるのかなど、注目すべき点が今後続々発表されるかもしれない。 このほか、電動二輪車の普及を目的に「電動二輪車用交換式バッテリーコンソーシアム」を川崎重工業、スズキ、ヤマハ発動機とともに2019年4月に創設することも発表している。 ホンダ【自動運転レベル3モデル】の今後 レジェンド自体は2015年に販売を開始しており、2020年時点では5年が経過している車種となります。 (2020)年内に何とか発売に結び付けられればいい」と率直に語った。

Next

ホンダの自動運転技術に黄信号!?:旬ネタ|日刊カーセンサー

ホンダセンシング搭載車 米国で100万台突破 ホンダは2018年4月、米国におけるホンダセンシング搭載車の累計販売台数が100万台を突破したことを発表した。 渋滞追従機能付きのシステムは、前走車が停止したら自車も自動的に停止し、前走車が走り出した際はスイッチ操作やアクセルで追従走行を再開する。 出典:Neusoft Reach Automotive Technology(Shanghai)公式サイト ホンダの中国法人である本田技研工業(中国)投資有限公司は2020年6月22日までに、AI(人工知能)やビッグデータ技術を手掛けるNeusoft Reach Automotive Technology(Shanghai)=ニューソフトリーチ=との合併会社の設立について発表した。 業界において大きく立ちはだかるトヨタという壁にどのように向かっていくのか。 オープンイノベーションを加速するホンダの取り組み「Honda Xcelerator(ホンダ・エクセラレーター)」を通じて協業し、世界のアーリーステージのスタートアップとのネットワークを活用しながら新たな協業先を発掘し、オープンイノベーションを加速していくこととしている。 この提携により、同社の移動体認識技術とホンダが有する「シーン理解」「リスク予測」「行動計画」といったAIアルゴリズムを融合し、複雑な交通状況の市街地でも走行を可能にする高度な自動運転技術の開発を進め、将来的にはロボティクスにも拡大していくこととしている。

Next

ホンダが発売予定の「自動運転レベル3」、法改正でどう解禁される?

今後の電動化技術や先進安全技術などの導入に向けて研究開発費用の増加が見込まれていることから、既存分野の開発効率をさらに高め、オープンイノベーションを積極活用することにより研究開発領域の選択と集中を進め、効率的な研究開発活動を推進していく方針。 【参考】自動運転に関する法律の動きについては「」も参照。 今までは自動運転領域では決して目立つ存在では無かったホンダだが、国内勢一番乗りのレベル3発売で一気に存在感を高められるか注目だ。 アウディが自動運転機能「Audi AIトラフィックジャムパイロット」をどのように進化させるのか。 また、自動運転レベル3のシステム自体には、HondaSENSINGとは異なる名称がつけられることが考えられます。

Next