マツコ デラックス n 国。 マツコデラックスの「N国党に投票した人はふざけてて投票した。」との...

N国党が次は「文春砲」「マツコ・デラックス」を狙った恐るべき理由(真鍋 厚)

おかげでよくも悪くも「N国民党」という名前だけは割とみんなが知ることになりました。 これからじゃないですか? この人たちが、これだけのために国政で税金払われたら、 受信料もそうだけど、そっちの方が迷惑だし、 いったいこれから何をしてくれるのかの判断しないと 今のままじゃ、ただの気持ち悪い人たちだから。 でも、この動画が拡散されると、SNS上は一気に激怒モードに。 「立花やウチの党をバカにするのはいいけど、党に投票してくれた有権者をバカにしないでもらいたい」と立花氏は憤る。 女性もやってた ここがコメンテーターとして問題になってきます。

Next

メディアはN国の取り上げ方をよく考えて(江川紹子)

N国党は戦略家である マツコ・立花孝志の騒動について書きましたが 毎回思わされるのは N国党は戦略家という事です。 追い回して、恫喝して。 わざわざブログで批判しなくてもいいのかもしれません。 それでもメディアが取り上げるから、面白おかしくなってしまう。 また8月5日には自身のYouTube公式チャンネルに投稿した動画で、「スタジオに(自分を)呼んだら? こんな一方的に悪口言うんだったら。

Next

マツコが正解じゃん!?N国党・立花党首の「崎陽軒叩き」に横浜市民ブチ切れ

参議院では、渡辺喜美参院議員(無所属)と会派を組み、さらには秘書へのパワハラで捜査を受けている石崎徹衆院議員(自民)に声を掛け、NHKに乗り込んで受信料支払い拒否を通告する……。 ちょっと気持ち悪い、この人(立花氏)も気持ち悪いんだけど、女性も何人かすごい人もいたけど。 これを受け、インターネット上ではマツコへの批判が巻き起こる事態に発展していたのだ。 生贄を探しているのでしょう」(スポーツ紙記者) このほか、N国はフジテレビ系『バイキング』MCの坂上忍や、元宮崎県知事の東国原英夫氏をターゲットにしているという。 続けて立花氏は、 「一方的に特定の政治団体を誹謗中傷したりとか、投票してくれた人の気持ちを侮辱したり、バカにしたりするような発言はやっぱり許されない」として、公正中立な立場で報道することを訴えた。 『気に入らないから出てこい!お前ぶっ壊すぞ!このやり方はあおり運転と同じと思う』と、立花氏の行動が常軌を逸しているのではないかと批判的な声も聞かれましたね」(週刊誌ライター) どっちが良い悪いは別として、ここにきて一転して立花氏が叩かれる羽目になっているとか。

Next

5時に夢中マツコ降板!N国党立花孝志に屈服!詳細や今後を徹底考察|キンさん(KINSAN)チャンネル(トレンド多め)

情報源としては「5時に夢中!」の番組スタッフ。 最後に『もしもまた次週の月曜日にマツコが5時に夢中!に出演した場合、またデモに来る』と発言し、御約束の 『NHKをぶっ壊す!!』の喝采を残して去っていった。 「テレビに出ている芸能人はNHKを批判できない!!」と猛反論し、N国党VSマツコが開戦だ。 また立花氏に対しても、「場外乱闘している時間があるなら、具体的に政策案を進めてほしい」「立花代表はエネルギーを注ぐ方向が間違っている」との批判が相次いだ。 N国の政党助成金も我々の税金です。

Next

N国党が次は「文春砲」「マツコ・デラックス」を狙った恐るべき理由(真鍋 厚)

まとめ 今日書いたことは、自分の感想だ。 一連の行動を訴えると脅しても、受けて立つと宣言されました。 (票数が伸びた要因を聞かれ) さあ…なんだろう、冷やかしじゃない?もちろん受信料払うことに対して疑問を持っている、真剣にそう思ってる人もいるだろうけど、ふざけて入れている人も相当数いるんだろうなと。 でも、彼は国会議員です。 NHK職員を追い回して恫喝して これは以前に書いたので、こちらを見てほしい。

Next

N国・立花孝志「マツコ・デラックス被害の会株式会社」設立し波紋呼ぶ

立花孝志若しくは、N国党に投票した人は嫌いではありません。 彼らはアンチの多い大物タレントを狙い撃ちして、支持者を増やそうしているだけ。 昨年7月に「5時に夢中!」(TOKYO MX)の番組内で、タレントのマツコ・デラックス(47)が参院選で当選したNHKから国民を守る党を酷評したことで起きた立花孝志党首(52)との騒動が、裁判の場に舞台を移し、第2ラウンドが始まった。 さらに、芸能界の潮目というか、世間がどういう流れになっているのかを読み取り、巧妙に立ち振る舞うことで、気が付けば10年近く売れ続けることができています。 気に入らない発言は力尽くで封じるN国の素顔 N国は、今月4日に投開票が行われた千葉県柏市議選挙に候補者を擁立。 代表の立花孝志氏がYouTube上でネタばらししていたように、これらは党のことを宣伝するためにあえて仕掛けた「炎上商法」であり(額面通りに受け取るかどうかはさておき)、自らの政治活動を「プロレス」と公言して憚らない「立花劇場」にまんまと乗せられた格好だ。

Next

メディアはN国の取り上げ方をよく考えて(江川紹子)

より 参議院議員の立花孝志氏が代表を務める「NHKから国民を守る党」(以下、N国党)の話題が尽きない。 一方的に言うのではなく、こちらにも反論させてもらいたいだけ」と訴えた。 人気ユーチューバーが週刊誌の取材内容を逆に暴露し、自身のメディア(YouTubeチャンネル)で回答するというやり方は従来にないものだ。 なんだか、凄いなと。 なんだろ、冷やかしじゃない? もちろん、だから、受信料を払うことに疑問を持ってる、 真剣にそう思っている人もいるだろうけど、 なんか、ふざけて入れている人も相当数いるんだろうなと思う。

Next