剣盾 剣舞。 【ポケモン剣盾】たすき+剣舞 ASギルガルド 育成論【単体考察】

剣盾 S3最終21位 普通パ|huyuno|note

つるぎのまいを舞うスキを作る• 「なにより意表がつける」と言った言葉がありますが、実際そこが最大の強みで、相手にとって想定外の火力を出せることによる奇襲性能はやみつきになります。 選出率2位。 逆に言うとそこさえ決まれば勝率UPに貢献できるポケモンだと言えるでしょう。 素早さは最低限のドラパルトミラーとアイアントを考慮し、180とした。 vs受け構築1• Bを3段階も上げたボディプレスで効果抜群を取れるため、ナットレイにも撃ち勝てる。 とはいえきついです。 特性「 ミラーアーマー」によって、基本 能力ランクを下げられないため、ダイマックスの打ち合いでも活躍します。

Next

ポケモン剣盾ランクマs8⑦ 隙あらば剣舞

6月末から環境が大きく変わっていくと思うので、引き続きを楽しんでいきたいと思います。 トリックルームによって素早さを逆転させたり、きあいのタスキカラマネロのひっくり返すで能力逆転させることもルチャブルのストッパーとしていいでしょう。 などのックスエースへの切り返しとしてが非常に重宝しました。 で押し切れます。 意地H92A36B156D84S140 調整はポケソル様のものをそのまま使わせて頂きました。

Next

【ポケモン鎧の孤島】ハッサムの育成論と対策|おすすめ性格【剣盾】|ゲームエイト

ルチャブルの対策 ギルガルドは主要なルチャブルの技を半減&無効で受けられるうえ、キングシールドでデバフをかけたり全抜き体制に入ったルチャブルのダイマックスターンを枯らせます。 ックスで突破力抜群。 ポケモンソルジャーではこれからも好成績を残したパーティの紹介を行っていきます。 この記事をきっかけに晴れパの使い手が増え、晴れ界隈の発展に寄与出来たらなと思います。 ロトムの代わりにヤレユータンを使用していた時期があった。 環境は常に移り変わりますが、ルチャブルはどんな環境でも技を入れ替えるだけで対応していける非常に高い柔軟性を持っています。

Next

剣舞

また、ドラパルトやサザンドラやヒヒダルマ、ギルガルドなどに対しては 対面から「ダイジェット」を打つことで「じゃくてんほけん」でAとCを2段階上昇させながら素早さも上げつつ相手を突破する ことができます。 電気無効枠が入っているとはいえ、に加えてなどを考えるとやはりを入れたい。 そこからある程度投げられるポケモンを読みやすく、そこに対してカウンターになるポケモンを用意しておけば、選出段階から有利を取れるパーティに入れ得のコンビと言えます。 前述した通り「ダイジェット」持ちのダイマックスポケモンが強力なので、 ドラパルトが出しにくい相手に対して選出する第2のダイマックスポケモンを探しました。 さらに、きあいのタスキで耐えて相手を倒すというコンセプトなので、相手の死に出しポケモンの ダイジェットの起点(ギャラドス、トゲキッス、パッチラゴンなど)にされてしまうという点も注意です。 また、「 のろい」や「 トリックルーム」でサポートメインの補助型も増えており、後続のカビゴンやウオノラゴンなどに繋ぐ構築も流行しています。

Next

剣盾 S3最終21位 普通パ|huyuno|note

初手性能が高く、あまり考えることなく扱えるタイプのポケモンなので、初心者の方や汎用性の高い枠を探していたという方は是非参考にしてみてください。 長い期間、火炎放射で使用していたがダイバーンの性能に頼る試合が多いと感じたため、終盤は大文字に変更した。 との初手対面ではで連打します。 サザンドラ• 耐久は並、というか思ったよりもありました。 パッチラゴンやアーマーガアを嫌ってか選出されない場合もあるため、最後の方は割り切って立ち回っていました。 ダイマックスターンを枯らしたりロトム系や特防UPとして ・ストーンエッジ:岩技。

Next

【ポケモン剣盾】ルチャブルの育成論と対策【剣舞全抜き!13タイプの技を使う新かたやぶりヒーロー】

BとDの種族値はたくわえるで補う 種族値は全体的に低いため、たくわえるやドわすれで補おう。 陽気AS252H4 テンプレ。 選出率1位。 「とんぼがえり」をタイプ一致で打てるので、サイクル戦において、相手に対して大きく負担をかけることができる点も魅力のポケモンです。 こちらのダイマックスを上手く耐え抜かれた場合受け構築を崩す手段がなくなり詰められてしまうため、 ダイマックスを使用せずとも受けパーティに対抗できる「わるだくみ」持ちサザンドラを採用しました。

Next