壱式陸攻。 「E7ゲージ1本目撃破」MaOのブログ | InsanityHorse

第壱號 壱岐春香の章

投下から約二〇秒後、プリンセス・オブ・ウェールズの右舷に立て続けに白い水柱が上がった。 これの開発迄に大陸部を制圧出来ていない様では先行きは暗い。 主翼を除いて復元されているが、胴体のみ公開されている。 前座に過ぎないはずの航空攻撃で、戦艦が沈んでいく。 二七型(G4M2D) 排気タービン過給器付きの火星二五乙型に換装した高高度型。 地上爆撃の場合は高度をあがれるだけ上がって 7000メートル程度。 2018年• 00 採用年度 - 全 長 m 16. 「龍」の字は第761海軍航空隊所属機を表す。

Next

「E7ゲージ1本目撃破」MaOのブログ | InsanityHorse

雷撃は水面スレスレの20メートルから1トンの魚雷を投下し 大凡30度の角度で入水。 対爆用として適当に開発・生産しよう。 たまの奇襲で整備兵をやられるわ補給しようと入港した途端に、輸送船が沈められるわ戦闘機練度は下がるわロクな事が無い。 となれば、何がなんでも早期に 銀河であるが、陸軍の4式重爆飛龍が先に開発されている筈なので、火急ではない。 キ83でなく飛龍を先に開発するならば、配備して置こう。 対空砲火で弾幕を張りつつ高速で回避行動を続ける艦に爆弾を命中させるのは至難の業だし、魚雷も多くはかわされてしまうだろう。

Next

主力「陸攻」の調達 一式陸攻入手任務(九六式陸攻レシピ等)【第二期】 | ぜかましねっと艦これ!

爆撃の照準を行う際、眼下がよく見えるように、 床はアクリルの透明張りだ。 萩原が、後ろからそっと無言で抱き締める。 高橋勝作・他『海軍陸上攻撃機隊 海軍中攻隊死闘の記録』(今日の話題社、1985年新版) ISBN 4-87565-120-1• 孤立する事は絶対に避け、周囲に駆逐艦隊を配置して置く事。 三菱製壱式陸上攻撃機の残骸 - モージャー氏撮影写真資料より• 『』 Betty G4M1 の表記で登場する。 「距離一三〇〇、高度ニ〇!」 間近に迫ったレパルスは、味方の金剛型戦艦によく似ていた。 しかし、沈めることが無理でも浸水で動きを鈍らせたり、戦艦の弱点、舵やスクリューを壊して航行不能に追い込んだりすることはできる。

Next

彗星一一型《壱》阿部善次 大尉機

射爆装置は搭載しない予定だったが、後に光学式三式一号射爆照準器一型が採用され装着されている。 だから、別段気にする必要は無い。 「全機突撃」の合図。 空気抵抗を増やすことなく広胴化(胴体径を拡大すること)に成功し、九六式陸攻では胴体下の機体外部に搭載していた爆弾や魚雷を胴体内に収納することを可能にした。 「ふふっ、道案内ありがとう」 敵艦隊の上空に、春香が一番恐れていた戦闘機の姿は無かった。 敵戦闘機も超低空では照準できず、後ろから近付いても 20ミリ機銃があるのでボカンとやられるだけで手が出せない。

Next

第壱號 壱岐春香の章

412機生産。 『日本航空機一〇〇選』(野沢正著、秋田書店、1972年)• 艦尾から沈むレパルスを見ながら乾杯した。 B10074779100 標題:7.日本、「イラン」親善飛行ニ関スル件(そよかぜ号)/分割2 関連項目 [ ]• 内装色は三菱系内装色だが、実は一式陸攻の内装色は 諸説あって、ジュラルミン地剥き出し、または防錆塗装の青色だったとも 色々な説がある。 自分は、どんな顔をしていただろう。 一式陸攻より固く、小型爆弾を装備出来るので対地攻撃も幾分マシである 艦爆 まず中型爆弾を装備可能な 彗星11を開発する。 重要な連絡事項を記載しています。

Next

【PS2】零式艦上戦闘記 / 攻略集

プリンス・オブ・ウェールスでは 腰まで水に浸かりながら懸命に高角砲を撃つ敵兵の顔が見える。 一式陸攻は4発機にふさわしい大きさと性能を双発機で実現しようとしたことで、様々な特徴と問題点を生み出したのです。 初飛行は(昭和14年)、パイロットは志摩勝三。 多彩なギミックも搭載した金属使用リアルモデル。 下手な色気を出さず、とにかく飛行場を徹底的に攻撃。

Next

必勝! 太平洋戦記(参)

性能は零戦同様に防御力をある程度犠牲にした代わりに長距離航続力と飛行性能を追及しているので、低馬力ながら(爆弾を搭載していない状態であれば)かなり運動性は良いです。 しかし味方は怯まない。 そこで、雷撃を済ませたら全速力で一直線に敵艦の上空を突っ切る 戦法に切り替えたのである。 戦争なんて結局最終的には全てが悲しく虚しい結末になるものなんでしょうね。 中攻乗りは家族だ。 春香達が属する鹿屋航空隊は、開戦前に全機が九六式陸攻から一式陸攻に更新されている。 日本の為に、と精魂込めて設計、製作した人々も 辛かったことでしょう。

Next