テラキオン 調整。 テラキオンの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

《非GXデッキ》テラキオン/ミカルゲデッキレシピ《ミラクルツイン》

相手のランドロスに対してこちらのランドロスが後出しできるのでランドロスを投げて地震や馬鹿力を無効化。 そりゃそうだ上記のパターンが発生すればエルテラ側はテラキオンを守らせたいのだから当然このパターンを考えなければならない。 戦績 10戦中7勝3敗 感想 相手のパーティに合わせて、のどちらかを選出し、の尻を叩くことで初手から削りに行けたのは良かった。 ではこれを防ぐためにはどうすればよいか? 1ターン目にテラキオンが守って2ターン目に袋叩きをすればよい……が…… エルフーンが猫騙しで止められてギルガルドのラスカで追い風も叩きもできず退場 という試合展開も考えることができる。 リザードン テラキオンが倒れた後に出てきてテラキオンをたおすために余力を吐ききった相手を焼き払う。 上手い対処法がイマイチまとまってない…。 だが少数ではあるがエルフーンでコットンガードをしながら隣のテラキオン以外のポケモンで横取りのような火力を散らつかせつつ要塞化を狙うような別ルートコンボも存在するためここで紹介した以外の動きも常に警戒する必要がある。

Next

大人でもポケモン好き : BW 固定乱数 テラキオン ビリジオン コバルオン 6V

第八世代でロックブラスト、きしかいせい、メガホーン等を習得し技の選択肢が拡大したが、 他ポケモンの例に漏れず、どくどく、ほえる、つばめがえし等は没収された。 水、格闘、草等に強いが妖が一貫する並びになる。 今回の固定乱数でBW乱数の基本的な流れを覚えたら野生乱数や孵化乱数にチャレンジしましょう。 この場合通常のパーティならばリザードンの追い風を警戒するところだが、エルテラ構築ではエルフーンが追い風を担当するためリザードンの追い風率は下がっている可能性があることがポイントとなる。 A抜けやC抜けなら必ず引っかかるので妥協もあり。 持ち物は Zしぜんのちからを撃つために ノーマルZを採用。 筆者個人としては、エルテラのテラキオンは耐久に振るものだと思っているためこれをされるとガッツポーズを行う。

Next

【USUM:ダブル】メガヘルガーとテラキオン叩きパ【ウルトラサンムーン】

・ 《ルージュラ》に使って特性を何度も使うことで、ベンチにダメカンを乗せるペースを早める。 さらに言えばギルガルドに強化アイテムを持たせることもできる。 こんにちは。 コメント 31 みんなの評価 :. デッキのコンセプト step1:「ミカルゲ」を出して、ベンチにダメカンを乗せておく。 投稿者:Xp19• ランドロスの攻撃をクレセリアの手助けで強化してしまえば当然のことながら耐久に振ったテラキオンを即死させることができる。

Next

【USM・ダブル】激おこテラキオン

それに対してテラキオンは半減実を持つことや耐久に振ることで対策したり、倒されることを前提として拘ったランドロスを起点にメガリザードンYを出していくことで試合展開のペースを握るのが強力である。 コメント 20 みんなの評価 :• 先制一致いわなだれは、威力・範囲・追加効果全てにおいて脅威。 カプ・コケコ おまけその2 電気Zでテラキオンをワンパンしてくるのでものすごく出しにくい。 ファストガード 闘 - ダブル用。 の火力上昇は勿論、にはできないS操作や、後続のリザYやコケコの擬似的な火力上昇もできる優秀な。

Next

テラキオン

そして止めている間に倒せばいい。 コメント 21 みんなの評価 :• 素早いので使いやすい。 Sは メガシンカ時に おいかぜ下で メガライボルト抜き。 でも正直択勝負を強制されるという意味では対戦相手の方が勘弁してもらいたいと思っているのかもしれない。 投稿者:バルシア• 何度か同じ時間で試してみてください。 ギルガルド リザードンを倒す相手に強い第三のエース。 技構成とステータスの自由度は低く他パーティのリザードンに比べると対応範囲に劣るがエルテラと併せることで狭い対応範囲を確実に倒す動きが可能となっている。

Next

コバルオン・テラキオン・ビリジオン入手方法

構築的にはエルフーン+ランドロスの並びはシナジーが薄く隙となりやすい。 検索結果の個体値が出たら性格をメモしてリセットしましょう。 要塞ラッキー対策の せいなるつるぎですが、 要塞ラッキーに ハロウィンをするタイプもいるらしいので対策として不十分になってしまいました。 今回の記事ではあまり触れられないがメガシンカを搦めて器用な動きを行う。 カプ・テテフ ぶっちゃけ出すけどなんか出しにくいらしいとの意見も聞くので入れる。 一致がんせきふうじで相手に高い負荷をかけつつ後続の起点作りが可能。 そこで吠えるを採用し、少しでもトリルを封じていこうと考えた結果、器用に動ける命の玉を持たせた。

Next

【USUM:ダブル】メガヘルガーとテラキオン叩きパ【ウルトラサンムーン】

ダブルでは高速一致いわなだれが脅威。 交換戦からの始動 この記事では初手からエルテラを並べて叩きを決める前提で話したが、交換戦のパターンが存在する。 相手のランドロスがスカーフ以外なら急所で耐久振りを貫通してくることもないのでテラキオンが暴れる率が高まるだけでなく岩雪崩の怯みでさらに勝率が上がることになる。 コメント 50 みんなの評価 :• 晴れパは テラキオンで、雨は にほんばれで対策しているのになぜか採用してる… タイプ一致で怯みも狙える いわなだれを採用。 コメント 14 みんなの評価 :• 投稿者:デルタ• 耐える方向性か、上から攻撃する方向性かどちらかでもいいのでエルテラを相手にする場合は自由に行動させない選出を心掛けたい。

Next

【サンムーン・ダブル】エルフーン+テラキオン構築の四方山話

ゲッコウガに比べればランドロスを出すことでZ技を切らせることができるのでまだエルテラは出せないこともないほう。 ガエンやズキンにはインファ、マンダやランドには冷パン、更にカプ神に強い毒突きと技範囲が広く、予想以上に活躍した。 このコンボは一般的な理解よりもはるかに強く幅のある構築なのだ。 ミカルゲ 4 特性 「うらみだめ」で毎ターンダメカンを自分自身に乗せられるので、 「テラキオン」のワザと相性が非常に良くなっています。 シンクロポケモンを先頭に。

Next