タフト コンセプト。 ダイハツ「タフト」のコンセプト「ワクワク」を見に行ったら!バンド仲間に偶然再会!

【ロッキー&タフト最新情報捕捉!!】大ヒット必至のダイハツ自信作と「先祖」の実力

関連情報から記事を探す• こちらはインパネ回り。 おそらくメーカオプション扱いではないかと思いますが、是非とも設定しておきたい装備だと思います ただし車体重量が一気に重くなるので非力感は感じるかもしれません…。 各種の操作系は、ドライバーを中心に配置することで使い勝手の良さを確保した。 インストルメントパネル回りに配置されたオレンジメタリックの加飾は、個性的でアクティブなアクセントとななり、ワクワク感やアクティブさを表現している。 床部分と後席のシートバックが樹脂になっているのが特徴で、海や山に遊びに行って濡れたり汚れたりしてしまった荷物も気兼ねなく積むことができるから、頼れる遊びの相棒になってくれることでしょう。 タフトといえば、かつて1980年代前後にダイハツが販売していた小型クロカンだが、こちらは最低地上高にはゆとりが与えられているが、完全あるクロスオーバーだ。 2019年末に生産を終了した実質的前モデル「キャストアクティバ」では124万8500円からとされていましたが、 新型タフトでは安全装備などをアップデートしながら135万3000円からラインナップ。

Next

ダイハツ TAFT(タフト)コンセプト徹底解説! いま最も注目すべき軽クロスオーバーをとことん見せます!〈軽自動車SUV速報&詳報〉|MotorFan[モーターファン]

ただしLKAはハスラーは車線逸脱抑制までだが、スマートアシストプラスは60km/h以上で走行ライン制御も行う。 人気の軽クロスオーバーに新たなモデルが加わることになります。 また4WDも設定され、4WDシステムにはキャスト アクティバにも搭載されている滑りやすい下り坂でユックリとした車速を維持するダウンヒルアシストコントロール制御や、雪道や悪路でのトラクションを高めるグリップサポート制御も盛り込まれるだろう。 車内で音楽を鳴らすとピラー部分がグライコ(グラフィックイコライザー)になっていてきちんと光ります。 下部までつなげるのではなく、途中でカットしているため、タイヤのトレッド面が見えているのがわかります。 そうすることで走破性がよさそうな印象を与えています。

Next

ダイハツの新型軽SUV「TAFT(タフト)コンセプト」は、スズキ・ハスラーよりも低さと四角さが際立つ!【東京オートサロン2020】

先駆者ハスラーとタフトはどう違う? 新型ハスラー。 インフォテインメントシステムには9インチと6. それも単純に増やすのではなく、実走行での走りの質感向上につながる部位を独自の分析手法で割り出し、そうした部位にスポット溶接を集中的に追加した。 気になったのは、センターコンソールがあること。 クルマ自体に関しては、タフトは現行タントから始まったDNGAコンセプトのプラットホームとパワートレーンを使うということなので、全体的に堅実な仕上がりとなるのは確実だ。 もうひとつのポイントである荷室は、リヤシートがフラットに倒れる構造が大きなトピックだ。 そんなクルマを使うことで楽しさが伝わってきて、クルマのまわりに人が集ってくる、そういった思いに駆られる仕上がりばかりだ。 これは、軽自動車の限られた寸法の中でできるだけボンネットをできるだけ長く見せるための手法ですが、SUVらしい無骨なイメージも演出できて一石二鳥のデザインとなっています。

Next

超新星 新型タフトはハスラー対抗の切り札となるか!?

ドアパネルとの隙間を無くすことで、小物が落下しにくいようになっています。 初代ロッキーの販売は残念ながら鳴かず飛ばずに終わり、1997年に国内向けは絶版となった。 ダイハツによると「日常生活からレジャーまでアクティブに使える新感覚の軽クロスオーバー」とのことで、そうなるとユーザーから求められるのはやはりアクティブな雰囲気と高い実用性だろう。 往年の車名が25年の時を経て蘇る 結論を言えば、ユーザーの使い方次第で、その選択が、はっきりと分かれるだろう。 また、「バリエーション展開もしっかりできるように考えたいですね」とのことだった。

Next

ダイハツ TAFT(タフト)コンセプト徹底解説! いま最も注目すべき軽クロスオーバーをとことん見せます!〈軽自動車SUV速報&詳報〉|MotorFan[モーターファン]

スポンサーリンク ダイハツ・タフトのボディカラー 出典 タフトのボディカラーは、全部で9色設定されます。 「それを今回、形にできたことが喜びだと言っていました」と、芝垣さんは嬉しそうに語った。 ハイルーフ仕様のため、天井は高く床は低く設計されていることから見た目にも広々とした印象を感じます。 必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。 クルマを使って人が集ったり寄り添ったりできるものにしたかったのです。 そして乗り込めば室内の広さに納得である。 ワイパーの取り付け部分が凹んでおり、その周辺部はボディ同色としています。

Next

ダイハツ TAFT(タフト)コンセプト徹底解説! いま最も注目すべき軽クロスオーバーをとことん見せます!〈軽自動車SUV速報&詳報〉|MotorFan[モーターファン]

共に高めのアイポイントで運転感覚も良好。 ダイハツによると「2020年央の発売に向けて開発を進めている」というから、東京オリンピックの頃までには正式に発表されるに違いない。 後席は、人が乗ることよりも座席を倒してより多くの荷物が詰めるように設計されているため、サイズや長さを気にする心配もありません。 新世代エンジンは、全ての部品を見直し、エンジン性能の根幹となる燃焼素性を改善することで、燃費性能や走行性能に加え、環境性能などすべての要素で性能を向上。 遊びのパートナーとして最適である。 操作性のよさそうなスイッチ類に、ダッシュボードやセンターコンソールのトレイは、深さも確保されており、路面状況が悪い場所でも、小物が落下しないように工夫が凝らされている。 発進ときの低回転域から高駆動力を発揮することが可能になり、燃費/加速感/静粛性などを合わせた改善することができた。

Next