アイアン サーガ ヨルムンガンド。 《ヨルムンガンド》

【アイアンサーガ】ヨルムンガンドRGKMの評価とステータス

は生存性が高く、ヨルムンガンドは火力が高い• ミサイルを追加するだけで火力が一気に跳ね上がるため、必ず強化しておくべき 次点で機体行動を強化 次点で、攻撃手数を増やすために「新機体行動」を改造しよう。 従来のミサイルといえばでの誘導が定番だったが、このには不要である。 一斉掃射の機体行動 ヨルムンガンドの機体行動である「ミドガルズオルム」は、装備しているミサイル系装備を全て同時に発射する強力な機体行動だ。 似たようなとしてはが上げられる。 ・耐久値が減少した機体へ与えるダメージ増加 PVP向け ・ASでミサイル一斉斉射 ・ミサイルに状態異常効果付与 PVE向け ・ASを2回使用可能 ・不屈発動時の火力が高い PVE向け ・ASでミサイルの発射数増加 ・確率で飛行機の回避を無効化. ヨルムンガンドのステータス ステータス ヨルムンガンドのステータス レア度 タイプ 長距離支援 耐久 6,500 重量 126 サイズ 6. 分身を活用する超特殊な。 レインボーブリッジは、の誘導制御で誘導させる事が可能。 。

Next

【アイアンサーガ】ヨルムンガンドの評価とステータス

その特性を生かして生まれたのが幻影自爆型構成。 0秒 4 連発ミサイル RGKMミサイルボックス 4発 16. パーツの「油圧ジョイント」や極意スキルを持ったパイロットを編成しておくと、高火力が期待できる。 その他• 圧倒的な投射量が特徴的な、ミサイル系BM。 分身はの地雷散布を行え、破壊されればの効果が発動する。 弾倉の装填数によって攻撃力が上がるので、やでの弾倉アップが有効。 ヨルムンガンドRGKMのステータス ステータス ヨルムンガンドRGKMのステータス レア度 タイプ 長距離支援 耐久 7,100 重量 140 サイズ 11. つまりトリスタ専用機であることが判明した。

Next

【アイアンサーガ】ヨルムンガンドRGKMの評価とステータス

2段階目の改造では、装備しているミサイル系装備を全て同時に発射する「ミドガルズオルム」が可能となる。 0秒 4 専属能力 能力名 再使用 ブロックL2 3秒 サイド回避L1 3秒 回避中装填 3秒 レインボーブリッジ 12秒 ミドガルズオルム 20秒 ヨルムンガンドの評価 ヨルムンガンドのオススメポイント 装填段数に火力が比例する ヨルムンガンドは、弾倉に装填出来る弾数に応じて、武器の攻撃力が上昇する珍しいフレーム特性を持つ。 単機の火力はBMより低下 飛行機として超改造された結果、別ルートの超改造機であるRGKの「レインボーブリッジRGK」「ミドガルズオルム」の主火力が省かれるなど瞬間的な火力は落ちてしまっている。 中国では4体を使用しての凶悪なデッキも考案されている。 そのため、「爆射増幅器」や「ローラーコア」等の弾倉を増やすパーツと非常に相性が良い。 このを使うならばやはり自爆型を目標としたい。 その他• [ミドガルズオルム]発動時の全弾発射の威力がすさまじい。

Next

《マスター飛影》

イベント「」より、「とは、グラン公国のとしか起動できない」とのこと。 分身を更に増やす、及び性能を上げるためにが最も良いパイロットとされている。 0秒 5 使い捨てミサイル 連発ミサイル 4発 16. 特殊だが役割としてはタンクに近いと言える。 の支援攻撃は発動しない為、のヘビーソードの様に、射撃時と命中時での扱いが異なると思われる。 各ミサイルの誘導性能が非常に高いため、命中率も高い。 スキル[極意]やでの短縮もアリか。 そのため、「爆射増幅器」や「ローラーコア」等の弾倉を増やすパーツとは相変わらず相性が良い。

Next

《マスター飛影》

デーレーデーレーデッデデデッではなくそんなこと言わない方。 紅蓮リベンシャーは本体のみ自爆は分身も反映• 9 速度 78 ヨルムンガンドのフレーム特性 高級射撃補助システム 弾倉に装填できる弾が多いほど武器の攻撃力がアップ。 3 速度 104 ヨルムンガンドRGKMのフレーム特性 高級射撃補助システム 弾倉に装填できる弾が多いほど武器の攻撃力がアップ。 ただし、RGKから装備されていたミサイルボックスは使い捨てでは無くなっているため、ミサイルの継戦火力性能は少し上昇したか。 単機で火力を出すことは難しくなっているため、傭兵クエストなどでアシッド属性による味方のサポート機として活躍するだろう。 とびかげ ではなく ひえい。

Next

【アイアンサーガ】ヨルムンガンドRGKMの評価とステータス

装填段数に火力が比例する フレーム特性は元機体から受け継がれているため、弾倉に装填出来る弾数に応じて、武器の攻撃力が上昇するのは変わらない。 。 。 。 。 。 。

Next