ウィン メディックス。 ウェアラブル端末で収集した運動量や心拍数、血圧の数値とオンライン診療データを組み合わせ 着用型のオンライン診療とAIで患者の病気を未然に予防

欧州旧王家クリス・フォン・ハプスブルク氏が海外戦略事業開発顧問に就任

,Ltd. 平成31年1月~ 管理職へのアンケート調査による実態把握• 平成31年度~ 研修の実施. 代表の白木の著書「末期がん患者を救った男」(発行:幻冬舎メディアコンサルティング)は、多くの癌で悩むご家族や患者に読まれています。 また2020年までにオンライン診療サービスを40カ国に展開し、ウェアラブル端末や検査キット、電子カルテとの連動を図り、病気になる前段階での体調管理をすすめ、病気になる患者を少しでも減らすことを目標とします。 日々蓄積されるビッグデータを活用することにより、患者の診断が更に迅速かつ正確になります。 当社では、オンライン診療サービスの普及を図り、販売目標は2018年12月末までに3000件の病院へのシステムの導入と売上10億円を計画しています。 確実かつスピーディーな診断が可能です。

Next

一般事業主行動計画

代表の白木の著書「末期がん患者を救った男」(発行:幻冬舎メディアコンサルティング)は、多くの癌で悩むご家族や患者に読まれています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 そこで、当社が育成講座を設け、国内外の人材を育成した後、各企業に紹介し、一般医薬品の普及・グローバル人材の育成に貢献できればと考えております。 イメージ画像 <登録販売者育成・派遣> 登録販売者は一般用医薬品の9割 第2・3種 を販売できる為、調剤薬局・ドラックストアには欠かせない貴重な人材です。 1.計画期間 平成31年4月1日~令和 4年 3月 31日までの 3年間 2.内容 目標1:産前産後休業や育児休業、育児休業給付、育休中の社会保険料免除など 制度の周知や情報提供を行う。 医療に関わる全てのヒト・モノに寄り添い、且つ様々な事業を展開してまいります。 【海外生活における医療診療行為の言葉の壁もコールセンタースタッフが解決】 ベトナムには約1. 当社の遠隔診療サービスでは、コールセンターのスタッフが現地医師との通訳機能も担っているため、細かなニュアンスも正確に伝えることが可能です。

Next

株式会社ウィンメディックス

【会社概要】 社名 株式会社ウィンメディックス(Win Medics Co. 【注目度の高まるオンライン診療】 厚生労働省は「オンライン診療の適切な実施に関する指針案」を2018年3月に発表しました。 Yahoo! ここから当社は、人間ドックや検診、その他の治療や再生医療、アンチエイジングプランなどをインバウンド向けに推進・支援する事業や登録販売者の育成・派遣、医薬品販売等、医療事業に向けてスタートを切りました。 【今回のシステム連動について】 ウェアラブルIoT製品を開発する企業と患者のデータを共有するシステム連動することにより、オンライン診療サービス「ヘイ ドクター」の診断の正確性を高めます。 検診や治療の際、当社翻訳スタッフを交えてご紹介をしております。 医療サービスを提供する株式会社ウィンメディックス(所在地:東京都千代田区、代表取締役:白木 茂)は、香川県で外科・内科・在宅クリニックなど地元に医療サービスを提供する西高松グループがベトナムの首都ホーチミンで運営するMIZAYA CLINIC(ミザヤ クリニック)に、海外でも日本の医師の診断が受けられる遠隔診療サービス「Hey Doctor」(ヘイ ドクター)のシステムを提供したことを2018年5月21日に発表します。 国外の受講生にとって日本の永住権取得の近道になる様、当社のサポート体制も万全です。 ) 所在地 〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町2-17-2 日宝水道橋ビル3階 設立 2016年3月11日 資本金 150,125,000円 代表取締役 白木 茂 従業員数 20名 事業内容 ・医療ツーリズム運営、遠隔診療、先進医療提案、医薬品卸売、 ・登録販売者育成、ソリューション事業 許認可 ・医薬品卸売業許可 第5301160481 ・医薬品販売業許可 第0101160153 【報道関係者からのお問い合わせ先】 株式会社ウィンメディックス 広報事務局 担当:伊藤 電話:03-5411-0066 携帯:080-3711-6561 E-mail:pr netamoto. Torkel Falkenberg トルケルファルケンベルグ博士 専門:微生物学、薬学(神経生物学、ケア科学部) 2016年よりカロリンスカ研究所ボードメンバー。

Next

ググるとブラックと表示される企業一覧

着用することにより、患者の病気の進行段階や病状を更に正確に把握できます。 研究者数4749名(2017年)、科学論文数約5000(2017年)、カロリンスカ研究所からの科学論文の被引用度率は国際標準よりも70%上回っています。 平成31年3月~ 制度に関するパンフレットを作成し社員に配布 目標2:育児休業等を取得しやすい環境作りのため、管理職の研修を行う。 世界でもトップクラスの日本製の医薬品の服用が可能となり、患者への更なる治療の質の向上を目指します。 疾病時における診断は、的確な病状把握が必要なため、病院で医者と直接相対する「対面診療」が原則です。 各市場の拡張子、詳細についてはをご覧ください。 その数値は2014年から1年で1,000万人を超え、2倍以上と飛躍的に上昇し、今後さらに増えると予想されています。

Next

ウィンメディックス、医療サービスの向上を目指し医薬品販売資格「登録販売者」の受講を2017年3月に開始|株式会社ウィンメディックスのプレスリリース

なお「ヘイ ドクター」は、ベトナムの遠隔診療サービスに関するビジネス特許を申請中です。 ノーベル生理学・医学賞の選考委員会があることでも知られています。 AIによる継続した健康管理体制を構築することにより病気の重篤化を防ぎ、患者・医師双方の負担軽減の実現を目指します。 株式会社ウィンメディックス 本社:東京都千代田区、代表取締役:白木 茂 は、2017年3月より登録販売者資格講座を開始いたします。 社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境を作ることによって、すべての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。 ウィン社が保有する抗がん医薬候補物質の製剤及びDDS(ドラッグデリバリーシステム)開発プロトコルを、同氏が中心となり、研究マネージメントを行い、ヨーロッパを主とする医薬研究機関、大学病院及び大手製薬メーカーとの開発連携を推進する。

Next

ググるとブラックと表示される企業一覧

チャートについては、株式分割などがあった場合は分割日以前の取引値についてもさかのぼって修正を行っております。 <プロジェクト企業の概要> 株式会社ウィンメディックス AI遠隔医療システム及び抗がん剤用新規DDSの研究開発をしている日本国医療系ベンチャー。 現在オンライン診療はスマートフォンによるアプリでの診療ですが、今後、着用可能なウェアラブル端末やスマートデバイスとの連動へ進化して行きます。 当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。 全市場(東証、福証、札証も含む)の出来高・売買代金に関しては、最低20分遅れで表示しています。 インバウンド検診の動向は訪日外国人数と連動していると考えられ、現在、年間8~9万人が人間ドック・検診を受けていると推計できます。 医療の質の向上及び患者の利便性の向上や離島やへき地などにおける医療の格差の解消などが国を挙げての問題として取り組まれています。

Next

ググるとブラックと表示される企業一覧

現在は、まだ診療報酬 保険点数 制度・法律面が整備されておらず医療機関にとっては遠隔診療を導入するメリットが薄いですが、近い将来診療報酬の改定があり、遠隔診療は飛躍的に成長できると予測しています。 ウィン社の新規医薬候補物質及び生理活性成分の医薬品、機能性化粧品及び機能性食品の研究開発を推進するため、サイエンティフィックアドバイザリーボードの創設を同氏と共に創設する。 )とアドバイザリー契約を提携し、同氏が2019年8月より、ウィン社の顧問に就任することに合意いたしました。 同氏との契約期間は2年間(1年間自動更新)となります。 【AIによるディープラーニングとコールセンタースタッフによる医師の診療をサポート】 当社のオンライン診療サービス「ヘイ ドクター」では、タブレット端末やPCを使って、国内外の病院で診療された診断結果のデータを、オンライン上で繋がっている日本にいる医師が、疾患状態や僅かな身体の変化や処方状況をきめ細かく十分に確認します。

Next

一般事業主行動計画

医者が患者を診断する際に、運動量や心拍数、血圧など日々の健康状態の細かいデータを把握し、より具体的なアドバイスや診療が可能になります。 取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。 サービスの開始は6月初旬を予定しています。 そのうち中国人は半数を占めているため、そこにターゲットを絞り更に展開していきます。 )は、中世の時代にヨーロッパに君臨していた王族であるハプスブルク家の末裔Prince Kris von Habsburg(クリス・フォン・ハプスブルク殿下、以下「クリス氏」という。

Next