ソーイングビー。 NHK裁縫バトル番組「ソーイング・ビー」再放送と動画の見逃し配信 第9回「新メンバー登場」第10回「ナイトウエア対決」

ソーイングビー /動画/見逃し配信/再放送/最終回第24回/24話3月19日見逃し配信/ ~ /ドレス対決無料視聴やレビュー|バトルVOD

いまの40代が高校の家庭科の授業で行ってきていることと全く違います。 型紙なしソーイングも、チネロさん独自のものというわけでなく、 親戚の人に教えてもらった、アフリカ独特の作り方だそう。 ただ洋裁歴が長い人が有利、というわけではなくて、 リメイクの回では、 斬新なアイデアを持つ人が選ばれたり、 皆、プロの人ではないので、「あぁ、こういう失敗するする!」 など ソーイングをやる人間にとっては、 共感できる部分がたくさんあって、面白いのです。 twitter• 確かにドレスを作るというのは何となく難しいながらもイメージは想像出来ますが、ネクタイって意味不明ですよね。 第3週(日本語版では第13回「レギンス対決」、第14回「ラップドレス対決」) テーマは素材 Stretch Fabric• この点も含めて課題批評がワンパターンで薄い・・ドレスが子供服含めて3回も出てしまうのもやはり無駄に参加人数が多いのが原因だと思うのです 刺激の為に、一般人や服飾以外の専門審査批評があってもいい気がします。

Next

#ソーイング・ビー X 優勝

シーズン1に登場する「アン」さんは、メンバーの中で最年長の上品なご婦人なのですが、「もし、わたしの母が生きていたら、このくらいの年になっていたかな」なんて、いつも優しかった母を想いながら見ていました。 面白そうな所は、今までの評価も合わせての点数になるので今回の戦いで高評価でも他の参加者が、前回の戦いで高評価だった場合は、そちらが、優勝するかもしれない所です。 お読みいただきありがとうございました。 チャレンジ2 Alteration Challenge 事前に用意された共通の衣類などをリメイクする。 他のコンテスタント達も「優勝したい」と言ってはいるけど、ローレンほど勝ちにこだわることはありません。

Next

ソーイングボックス

今日は年内最後の放送ですね。 作り方は、本当にとっても簡単で、 自分のバストやウエストサイズにぴったりな服ができました。 家庭科の授業 わたしが中学生の頃のはなしですが、家庭科でワンピースを作るという課題がありました。 おわりに わたしにとって「ソーイング・ビー」は古い記憶を呼び覚ましてくれる番組です。 blog 作品の作り方やワークショップの案内などが掲載されています。 同じAラインスカートでも使う生地などで個性が出そうなのでそこにも注目したいなと思います。

Next

ソーイング・ビーの審査員パトリック・グラントってどんな人?年齢やデザイナーの経歴は?

子どものハレの日に母親手作りのドレスを着せることができたら、素敵な思い出が残ると思っています。 先日友人の娘さんに頼まれてワンピースの作り方をお教えしました。 概要 [ ] 事前オーディションで選考されたアマチュア裁縫家たちが、毎週与えられるテーマに沿った洋服などの出来栄えを競い合う番組。 また、スポーツと違い、お裁縫というジャンルは男女や年齢を問わず、参加ができるという点も興味深いと思いました。 シーズン1に登場する「アン」さんは、メンバーの中で最年長の上品なご婦人なのですが、「もし、わたしの母が生きていたら、このくらいの年になっていたかな」なんて、いつも優しかった母を想いながら見ていました。

Next

ソーイングビー 動画 再放送 フル無料視聴/見逃し配信/nhk/eテレ/10月3日/第1回スカート対決~|シネマVODファン

TAUTZ」というブランドのデザイナーだそうです。 2019年10月3日 木 よりNHK Eテレで 新番組「ソーイング・ビー」がスタートしました。 制限時間:2時間半• また、ドレスといえば非常に高価なもので、ドレスを作る人といえばその道のプロというイメージですが、そんなドレスを素人が作れるのか?という点も気になりますし、きっと素人ならではのオリジナリティあふれる作品が見られるのではないかという予感があるので、プロが集められたバトルよりもむしろ楽しみです。 全英選りすぐりの名人が集まったって嘘なの!?たんなる放送事故おじいちゃんであるよ。 本当にありがとうございます。

Next

ソーイング.ビーより過酷?初心者が3時間でワンピース作りにチャレンジ!

コーデュロイは布に方向性があるので裁断する時に注意が必要です。 クチュールドレス Couture Gown - それぞれの親友をモデルにしてドレスを作成する。 ワンピースを教えることで初心者さんがどこで困るかがよく分かったので、初心者さん向けのアドバイスを少しずつブログで書いていこうと思います。 各挑戦者には一人一台ずつの裁縫台や、などが割り当てられ、会場となるソーイング・ルームにストックされている各種のや、などの資材を用いて一斉に裁縫を開始する(課題によっては布やなどの持ち込みも許される)。 第2週(日本語版では第11回「スカート対決」、第12回「パジャマ対決」) テーマは柄物生地での柄合わせ• また、何らかの装飾をつける。 裁縫は、苦手なので上手な人は、憧れます。 制限時間:3時間• コンテスト形式ですので、審査員の辛口なコメントや勝敗なども気になるところです。

Next