2 歳児 運動 遊び。 2歳児におすすめの室内遊び12選!子供と一緒にゲーム感覚で遊ぼう!

2歳児におすすめの遊びや発達の特徴は?保育士がすすめる子どもに合った遊びを紹介

マットで連続の横転• 3歳児より運動機能が発達する。 また、体を動かすより手を細かく使って遊ぶほうが得意なようで、長い時間座ったまま遊んでいることもあります。 親子の絆をさらに深めるためにも、一緒にたくさん遊びましょう!. また、みんな大好き「アンパンマン」の『サンサンたいそう』や『アンパンマンたいそう』も子供がノリノリで踊ってくれるので、やって見る価値アリです。 活発になる2歳児はぜひ公園遊びをさせましょう 体力のついてくる2歳児のお外遊びはぜひ公園に連れ出しましょう。 お子様が、パパやママのお馬さんによじ登るのも、いい運動遊びになります。

Next

2歳児の遊びとは?身体能力や社会性が身につくチャンス!

お絵かき• 運動遊び(鉄棒や跳び箱など)【4歳児~5歳児】 先ほど乳児はサーキット遊びを紹介しました。 滑り台• 「ライオン」ならば4文字なので、4人集まるのです。 戸板のぼり (巧技台を重ねて登る アレンジも)• ぬいぐるみ(ズボンにはさまってるだけで爆笑!)• おえかき 机や床が汚れた時のことを思うと、意外にも家では挑戦できないことの1つですよね。 使うボールの目安としては、子どもに当たってもあまり痛くない柔らかさのもので、野球のときに使うボールの大きさよりは、サッカーボールくらいの大きさが良いでしょう。 室内遊びのときには、寝室にふとんを敷いて、その上にサーキットコースを作ります。 ポイントは、いろんな公園に行くこと。 もちろん、年齢が上がるにつれて 難易度をあげるようにすると、保護者 にも発達が分かりやすいです。

Next

保育園の運動遊びのねらいは?サーキット遊びの種類もご紹介!

ブロックや積み木などの玩具【0歳児~5歳児】 おもちゃで遊ぶのも定番です。 どのゲームでも大切なのは 「難しくしない」こと!!! 2歳だとまだまだイヤイヤ期だったり、できないとすぐ飽きたりします。 的は壁に丸を描いた紙を何枚か貼ればOK、ボールも紙を丸めたもので十分!おもちゃのゴムボールは、弾力がある分跳ね返っていくので周りを片付けてから的当てをするようにしましょう。 後ろ向きで走ったり、瞬時に体の方向を変えたり……体をダイナミックに使って遊べるほか、友達と連携をとりながらゲームを進めていくので、コミュニケーション力や社会性を身につけることにもつながるでしょう。 どれから挑戦しても良い。 ごっこ遊びは、お子様の 想像力を膨らませることができるおすすめの遊びです。

Next

雨の日の室内遊びを保育園向けに20選【梅雨に負けない乳児・幼児別】

うまくできないときは先生しっかりお手本を見せて、子ども達に真似てもらうようにしましょう。 製氷機に水をいれ水を絵の具(または食紅)で染める。 そこで今回は、新聞紙とロープを使った室内でできる運動遊びをご紹介します。 少しの間鉄棒にぶら下がることができるようになる• 子どもの主体性を大事に遊ぶ 2歳児はイヤイヤ期も重なり、 遊んでいる時に癇癪を起こすことも少なくありません。 2歳になると、運動能力が格段に高くなります。

Next

2歳児の体(身長・体重)の発達・発育・特徴について!成長の目安は?:スクスクのっぽくん

来年、幼稚園の運動会で大玉ころがしがあったら優勝まちがいなしw。 雨の日でも室内で体が動かせる運動遊びを6つご紹介します。 まず、座った状態から後ろに手をついて、おなかを持ち上げたブリッジのような姿勢になります。 自分の力でぶら下がって、足や体をぶらぶらさせることもとてもいい運動ですし、 腕の力もつくのでオススメ。 「次のボールを投げたらお片付けしようね」などの、次の行動の見通しを立てた声かけをして気持ちの切り替えを促してあげることで、子供のストレスが軽減されます。

Next

<室内でも運動遊び>新聞紙やロープを使ってできる、幼児向けの運動|子育て情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

薄くなった1枚を子供の頭の上、高いところから落とします。 フライングディスクを使った基本あそびからゲームまで紹介しています。 爪楊枝を挿した状態で凍らせる。 この時期はぜひ取り入れてほしい遊びがおままごとです。 暖かい部屋から寒い外に出るときや、とても体が冷えた状態ですぐに暖房が効いた部屋に入るときなど、急な温度変化には注意しましょう。

Next