ミサイル 英語。 カタカナでは通じない英単語・028:「ミサイル」

カタカナでは通じない英単語・028:「ミサイル」

大規模なミサイル・サイトを設置する必要のあるものから、発射機を肩に担いで発射する小規模なものまである。 「イージス艦『こんごう』のMDシステム」『世界の艦船』2008年5月号、82-85頁• その後、再びを狙うことができる長射程の弾道ミサイルに対する懸念が高まった。 (MD対応部隊では3機にPAC-2・2機にPAC-3を搭載)当初は、2007年度から2010年度までに毎年4ユニットずつ(2007年度に配備・2008年度に高射教導隊と第2術科学校配備、2009年度に配備、2010年度に配備)、2011年度と2012年度に予備用に毎年1ユニットずつを配備してPAC-3によるミサイル防衛網の構築を完了する予定だったが 、北朝鮮のミサイル開発が進展していることから、既存のPAC-3を分散再配置することにより全高射群にPAC-3を配備するよう計画を変更した。 2009年末には計40発にする計画である。 アメリカのニュースなどでも使われている表現です。 多くのミサイルは、飛翔体の他にも外部での誘導や発射にさまざまな装置を必要とする。 日本語では「発射する」といいますが、英語ではロケットなどを「打ち上げる」ときに使う launchをよく用います。

Next

ミサイル・ギャップとは

射程800kmに制限されている筈の玄武4の本当の能力が1. それに対して、後者は俗的な言い方ですが、時間の流れで国際問題に沿って、日常会話のよく使われる単語に浸透してきて、キーワードのようなものになっているので、今砕けた場面でも(たまに)ニュースでも耳にします。 な・ナ 熱核爆弾(thermonuclear bomb) 核融合反応からエネルギーを利用した核兵器で水素爆弾をいう。 カウンタバリュー(countervalue) 主要な目標を非軍事目標に置く戦略照準ドクトリンでCountercity ともいう。 また、おとりのミサイルが多数発射されれば、これを見分けることも困難であろう。 非核キル兵器(nounuclear kill weapon) 核を用いない目標破壊兵器。

Next

「北朝鮮ミサイルが日本上空を通過した」英語で|この単語の英語・英訳は?-実用・現代用語和英辞典

「北朝鮮がミサイルを発射した」なら North Korea launched a missile. イランが米軍への直接的な軍事攻撃に踏み切ったことで、米側の被害次第では両国の報復合戦がさらに激化する恐れがある。 また長距離爆撃機で運ばれる空中発射巡航ミサイルAir Launched Cruise Missile(ALCM)も戦略核兵器の部類に入る。 なおロフテッド軌道(山なりの弾道)で考えてみてもこの数字はおかしいと分かります。 「Missile Defense [MD] program. リーケージ(leakage) 目標に向かって敵の防衛システムを突破できる再突入体のパーセンテージ。 START(Strategic Arms Reduction Treaty) 戦略兵器削減交渉のことでアメリカと旧ソ連の間で行われた両国の戦略核戦力を削減するための交渉。 INF(Intermediate-Range and Shorter Range Missiles) 射程500km〜5,500kmの地上ベース弾道ミサイルおよび巡航ミサイルを含む兵器で、たとえばアメリカのPershingIIやロシアのSS-20をいう。 むしろ、無誘導のロケット飛翔体をミサイルと呼称しているビデオゲーム・アニメ作品の方が多い。

Next

ミサイルを英語で訳す

) 補足 弾道ミサイルに関する表現はとてもシンプルで、単語をそのまま並べただけになります。 指令信管(command fuze) 射手の指令により爆発する信管。 推進が発射時の加速補助のために外部装着される事もある。 推進装置は一般に固形を使用するが、にはを使用するもの、には燃費の良いを使用するものがある。 さらに2011年7月には、これに関連して航空総隊副司令官職を新設している。 防衛省技術研究本部 - 、• 一般的には、6400キロメートル程度以上の射程をもち、目標に核攻撃を加えることのできる兵器を戦略核兵器とよんでいる。 では OTR-21 Tochka SS-21 に採用された「すのこ尾翼」がの R-77 でも採用された。

Next

ミサイル・ギャップとは

もし実在するなら宇宙空間戦用となる筈です。 日本の保有するレーダーやは、原理的にリアルタイムでの情報収集は不可能であるため、衛星による早期警戒情報はアメリカ軍のに頼ることになる。 ミサイル操作係[設計者]a missileman• 2人でもミサイル! ミサイル! ミサイル! ピックアップ• ミサイルサイロ(missile silo) 近傍での核爆発の破壊効果から陸上ベースのミサイルを保護するよう設計されたコンクリートまたは鉄構の地下構造物。 ミサイルの排気熱・衝撃などでサイロは損傷を受ける。 なお、アメリカはこのミサイル防衛を推進するため、2001年12月ABM制限条約から脱退することをロシアに通告、翌年6月正式に脱退した。

Next

ミサイル用語集

しかし小銃や大砲が発達してくるにつれて、命中精度のよくないこの種の兵器は姿を消していった。 構成 [ ] 司令部 [ ] 日本のミサイル防衛作戦は、の司令官が兼務する指揮官によって一元的に指揮・統制される。 (久末). 「ミサイル」は missileですが、日本語と同じまま発音しても通じません。 朝日新聞 2020年6月24日. ルックダウン(look down) 高高度から低高度で飛んでいる目標を探知し追跡するレーダーの能力。 1基目の配備まで約6年間を要すると米側から提案されており、搭載レーダーに米ロッキード・マーチン社製の「SSR」を採用することも決定した。 ロケットの打ち上げに使う launchを用いることもできますが、 fireの方が攻撃的なニュアンスがあります。 しかし、1993年クリントン政権になると、SDIは、大気圏外を含む高層でミサイルを迎撃するシステムと大気圏内の低層で迎撃するシステムを組み合わせたTMD(Theater Missile Defense=戦域ミサイル防衛)にとってかわられた。

Next

ミサイルとは

無誘導のものの典型はロケット弾であるが,ミサイルの中心はで(),これには種々の基準による分類がある。 先に爆発した弾道の破壊力により、次に到着したミサイルの弾頭が破壊されること。 センサ(sensor) 目標からの放射を探知・追跡・識別することができるように設計された装置。 全天候(all-weather) 昼夜・天候のいかんを問わず使用できる(航空機、ミサイルなど)。 。 これは完全に中距離弾道ミサイルの数字です。

Next

ミサイルを英語で訳す

「『殉教者ソレイマニ』と名付けられた作戦が成功裏に行われた」としている。 攻撃下発射(launch-under-attack:LUA) 核攻撃があったことが確認されたもとでの報復の戦略ミサイルの発射で、ふつう少なくとも1発の核爆発があった後と考えられる。 ABL(Airborne Laser)はを使用しブースト段階のミサイルを破壊しようとするものであり、において、 として2011年まで開発していた。 第2次大戦中に各国で研究され,ドイツの,の実戦化が先駆となり,これをもとに戦後急速に発達,今日では戦略的にも戦術的にも主兵器の位置を占めるに至った。 国民保護措置は、永住外国人および来日していて攻撃の憂き目にあった来日外国人や不法滞在者にも、国民と分け隔てなく適用される。

Next